親子で雨を楽しもう!雨の日ならではの遊び5選

雨の日に傘を差して遊ぶ女の子
ジメジメとお天気の悪い梅雨時期。
外に出られない日が何日も続くと、子供たちはイライラし、ワガママを言うことが多くなることでしょう。
また、外遊びが出来ない分、体力を持て余し、十分な睡眠が採れなくなるなどの弊害もあります。
しかし、ここは心機一転!
雨の日だからこそ出来る遊びで子供たちを楽しませてみませんか?
今回は、「雨の日におススメの遊び方」を5つ、ご紹介したいと思います。

お家でピクニック

お弁当
お弁当を作って、お家でピクニックを計画してみてはいかがでしょうか?
リビングにビニールシートを敷き、お弁当を広げて食べるだけで、気分は盛り上がることでしょう。
子供たちは“お弁当”が大好き。
お弁当箱を開けるドキドキを是非楽しませてあげてください。
また、リビングのテーブルの上にテーブルクロスを広げ、テーブルの下に秘密基地を作ってあげるのも一つの手。
ちょっとしたキャンプ気分で、子供たちの秘密の遊び場所を作ってあげてみませんか?
普段はお行儀が悪いと叱っている“床でのご飯”も雨ならではの出来事。
秘密基地で食べる“お弁当”はきっと楽しいことでしょう。

子供とクッキング

お菓子作りをする女の子
雨の日は子供と一緒に“料理”を楽しんでみてはいかがですか?
3歳頃になれば、クッキーの型抜きも出来るでしょう。
またパンの生地を捏ね、生地を形作ることも楽しいでしょう。
1・2歳のお子さんの場合は、ミキサーを使ったスムージー作りも良いかもしれません。
一緒に“料理”や“お菓子作り”を楽しむことは“食育”にも繋がります。

お風呂で水遊び

お風呂で遊ぶ女の子
ちょっと気温が高く、蒸し暑い日は、お風呂でプールはいかがでしょう?
40度くらいのお湯をお風呂の中に少なめに溜め、玩具で遊ばせてあげると良いでしょう。
最近では、お風呂でも使える“クレヨン”なども販売されています。
お水遊びは体力も消耗するため、ぐっすりとお昼寝してくれることでしょう。

小麦粉粘土で工作しよう

粘土で遊ぶ手
雨の日は思いっきり“工作”を楽しんでみてはいかがですか?
普段はお部屋を汚されるのが嫌で、画用紙でのみ行っている“お絵かき”も、少し大胆にさせてあげると良いでしょう。
お部屋にビニールシートや新聞紙を引きつめ、汚れても良い洋服を着せましょう。
絵の具やクレヨン、粘土など、思う存分遊ばせてあげれば、子供たちは大はしゃぎ。
意外な才能を発揮させてくれるに違いありません。

雨の日だからこそ、お外で遊ぶ!

傘を差して歩く子供
雨の日だからこそ、思い切って外遊びをしてみてはいかがですか?
6月にもなれば、30度を超える日もしばしば。
長靴とレインコートさえ着させていれば、多少の雨で風邪を引くこともないでしょう。
水溜りでぴちゃぴちゃしたり、雨の日ならではの生き物を探したり。
普段は見られない街の変化に子供たちも胸を躍らせることでしょう。
お母さんもたまには童心に返り、子供と“雨”を楽しんでみてはいかがでしょうか?

まとめ

雨の日というのは、大人にとっては“面倒”なものでも、子供にとっては相ではないことも多いのです。
「傘をさすこと」も「雨に濡れること」も、子供たちにとっては全てが“遊び”。
そして、雨で家に篭らなくてはならないことも“新しい遊びの発見のチャンス”なのかもしれません。
是非、親子で“雨”を楽しみ、新しい発見をしてみませんか?

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします