月齢差が大きい0歳児、水あそびはいつからできる?

これから暑くなると水遊びの季節ですね。
かわいい水着で楽しみたいママも多いのではないでしょうか。
では、いつ頃からどのように水遊びをさせたら良いのでしょう。

0歳児は月齢差が大きい

水遊びに最適なシーズンとはいえ、赤ちゃん自身の活動能力が備わっていないといけません。浅いベビープールに座って遊ぶにしても、一人でお座りが出来るようになってからにしましょう。

個人差がありますが、生後半年頃から少しずつ出来るようにはなりますが、きちんと自分の体を支えて座るのは9ヵ月くらいです。水遊びの際にはおもちゃを握ったり水をバシャッバシャッしたりして遊びますから、自分でしっかりとお座りが出来るようになってからでないと心配です。

水着は着せる?

ベビープールで遊ぶ程度なら特にこだわる必要はありませんから、シャツと水遊びオムツでもかまいません。かわいい水着を着せる場合は、お腹が冷えないようにワンピース型がおすすめです。

また、サイズが大きめだと水に塗れることで生地が伸びて脱げやすくなったり重くなりますので、ベビー水着はジャストサイズのものを。

水に体まで浸かるのはいつから?

極浅い水でバシャッバシャッして遊べたら、ママの抱っこやベビー浮き輪、アームヘルパーを着けてプールや海に入れたいでしょう。生後すぐからのベビースイミングも行われているほどで、怖さを知らない点では良いでしょうが、きちんとした知識と管理が大切です。

自分の体をある程度コントロールできるような月齢になれば水の中でも自由に体を動かせますが、水の流や動きには充分気を付けましょう。赤ちゃんは頭が重くバランスを崩しやすいので、浅い水で遊ぶ場合も転倒には気を付けましょう。

また、公共のプールではそこの決まりに従いますから、水遊びオムツなどが認められていなければ水に浸からせないようにしましょう。

本人が楽しく遊べることが大切

水遊びの季節はこれから毎年訪れますから、ママが焦らないことです。

同じく0歳児でも月齢差個人差がありますから、その赤ちゃんには早いと思われたら無理に水遊びをさせなくても良いのです。手で触って遊んで満足しているならそれでも良いのです。

ママに抱っこしてもらえば水に入れるけれど一人では怖がってしまうなら、まだ時期が早いのかもしれません。ママがしっかり抱っこしてあげて、水遊びは楽しいという経験をさせてあげれば、そのうちに少しずつ一人で水に入れるようになるでしょう。

8a47655376517bff99f16c486be8e2d9_s

まとめ

0歳児は月齢の差や個人差が行動の違いになって表れますから、その赤ちゃんに合っているかが一番のポイントです。様子を見ながら少しずつ水に慣れるようにして、幼児期の楽しい水遊びに備えていきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします

キーワード: