ハサミデビューのポイント ある意外なモノを切って感覚が身につくことも!

子供用ハサミ

2歳~3歳になると、お母さんやお父さんがやっていることを真似したくなる子が増えます。特に日常的な作業である、ハサミは、子供にとっては魅力的な物なのでしょう。

「ママ、ぼくにもやらせて!」「わたしにも!」

と、見様見まねで刃物を使用し、ハラハラドキドキしているお母さんも多いのではないでしょうか?

そこで今回は、子供のハサミデビューに焦点を当て、正しく使い方を教える方法等について解説したいと思います。

ハサミデビューのステップ

ハサミ

それでは、ハサミデビューはどのように進めていけばよいでしょうか?

細いテープ状のものがおススメ

まずハサミに関しては、細長いテープ状の物を使って練習を始めると良いでしょう。

いきなり大きな紙を渡してしまうと、子供はハサミでチョキチョキと切っていくのではなく、手首をひねり、ハサミでちぎる様な切り方をし始めます。まだ、ハサミを開いたり閉じたりすることが上手に出来ないため、力ずくで紙を切ろうとしてしまうのです。

そのため、最初は細長いものを端から切り落としていくような方法をとるのが鉄則。

紙やテープに絵を描いてあげ、切る間隔に目安をつけてあげることで、徐々にハサミをきるコツを掴んでいくことでしょう。

紙粘土で切る感触をつかむ

また、保育園などでハサミを教える際には、紙粘土を使うと言うところも。

粘土はハサミで切る感触がダイレクトにつかめるため、非常に良い教材となるようです。

子供用ハサミはどんな物を選べば良い?

ハサミ

それでは、子供にハサミを使わせるには、どのようなものを選べばよいのでしょうか?

子供用のハサミのタイプは3種類

子供用のハサミには、「プラスチック製」「ステンレス製にプラスチックのガードが付いたもの」「ステンレス製」の3種類があります。

プラスチック製のハサミは安全ではありますが切れ味が悪いのが特徴。

なかなか紙が切れず子供がイライラしてしまうこともあり、返って危ないと思われる方も多いようです。

そのため人気があるのが「ステンレス」を使用したハサミ。子供用には先が丸くなっている物、また刃の部分を収納できるケースが付いているものを選んであげると良いでしょう。

まとめ

ハサミいつから使える?

以上のように、子供のハサミデビューのポイントについて解説させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

子供の刃物デビューは親としては心配な物ですが、「危ない、危ない」と言いすぎることで、子供の恐怖心を煽ってしまい返って危険な事もあります。

刃物を使用するときは必ず眼を離さない!を鉄則に、ゆったりと見守りながら練習させてあげると良いでしょう。

▼こちらの記事もおすすめ
コップ飲みトレーニング、決め手は「手首の発達」。おススメは「お遊び」からのステップアップで|子ある日和
保育士さんもおススメ お箸トレーニングでモチベーションを上げるお箸とスプーン|子ある日和

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします