【ママの買い物レビュー】ナノブロック風?ダイソーの「プチブロック」は100円で

ダイソーの「プチブロック」

ダイソーの大型店で、「プチブロック」と呼ばれる商品を発見しました。ナノブロック風のおもちゃです。レゴよりも小さく、一番小さいブロックだと長さ1センチ弱の大きさでした。

雨の日などの室内遊びをしたい時に、親子で一緒に遊べるおもちゃが100円+税で買えます。そして、できたブロック作品は飾っておいてもかわいいほどよくできています。

「プチブロック」はどのくらいの大きさ?

ダイソーの「プチブロック」パーツの大きさ

子どもが持ってもこのくらいの大きさです。はかってみたのですが、一番小さいものだと、突起2つの長さのものが1センチ弱。ダイソーの「プチブロック」は本当に小さいブロックです。

そのため、赤ちゃんがいる家庭だと誤飲に注意!パッケージにも「WARNING!-smallparts-」とあり「Not for children under 3 years old.」とあります。我が家は2歳児が口に持っていかないようにしつつ遊びました。

ナノブロックみたいなミニサイズのブロックなので、机の上に広げてすぐに遊ぶことができるのが便利!できあがった作品も、玄関のちょっとしたスペース、子ども用棚などに置いておけます。100均で売っているプラスティックボックスに入れて飾っておいてもいいです。

今回、開封して作ってみました。

中身は?「プチブロック」を作ってみたレビュー

ダイソーの「プチブロック」開封した様子

パトカーの商品です。袋から出しました。中身は、ブロックが袋に入っているものと説明書1枚。説明書を見ながら作っていきます。

ダイソーの「プチブロック」作り中
透明なブルー、赤のほか、白や黒など大きさの違うブロックがあります。必要なブロックが全て入っているから、作りやすいです。説明書通りに作ればいいので、「何を作ろう?」と迷わないのもありがたい点。長細いもの、小さいもの、たくさんあるので、落とさないように気をつけつつ……。

ダイソーの「プチブロック」組み立て中
説明書を見ながら、パトカーを作っていきます。子どもに全てやらせるとムチャクチャになってしまいそうだったので、ママが主導して「〇色の2つのポチのついたブロックを取って」と言って見つけてもらい、共同で作っていきました。
対象年齢は12歳以上と書かれていますが、ブロック遊びをしたことがある子なら小学生でも遊べそうな気がします。我が家は4歳児がママと一緒に遊びました。

ダイソーの「プチブロック」出来上がり写真
できあがりました!

途中、これでいいのか迷う部分はありましたが無事完成。親子で楽しく遊ぶことができました。園の早帰りと言われる時は、半日の時間がぽっかりあいてしまうので家で何をしようか迷うこともあります。そんな時に、100円でブロック遊びもいいのではないでしょうか。タイヤもついていて、手ころがしで遊べるのもすごい!

できあがると達成感もありますよ。

「プチブロック」のラインナップは?

ダイソーの「プチブロック」パトカー

① プチブロック パトカー

今回作ったのが、このプチブロックパトカーです。はたらくくるま②で、はたらくくるまシリーズ、野生植物シリーズの2つを見かけました。

ダイソーの大型店で見つけた商品で、「新商品かな?」と思いました。大型店限定の商品なのかもしれません。

② プチブロック ショベルカー

ダイソーの「プチブロック」ショベルカー
はたらくくるまシリーズの①、ショベルカーも買ってみました。袋はジッパーつきなので、遊んで、壊しても、またこの袋の中に入れておけます。

③ プチブロック コンゴウインコ

ダイソーの「プチブロック」インコ
これは野生動物のシリーズ。パトカーを作ったあとにこちらを作りました。カラフルなインコ、女の子ははたらくくるまよりも色鮮やかなので好きかもしれません。

大型店にしかない商品かもしれないとまとめ買いをしましたが、2個、3個と複数買いをすると、混ぜて、自由自在にブロック遊びをすることだってできます。

100円で1つのブロック作品ができるプチブロック。我が家が買った商品のほかにも、ダイソーではラインナップがあるようでした。もしかすると、これからシリーズがどんどん増えていくかも……。大型店で見つけたので、ダイソー大型店に行く際は探してみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします