[3歳児の運動遊び] おすすめの外遊びや運動。誰もが知っている「あの遊びに潜む危険」とは?

3歳頃の子どもにおすすめの、外遊びや運動についてお伝えします。

子ども主体で遊ばせられる遊びの例や、少しサポートをすることで挑戦できることが広がる遊びの例など、家族で道具などがなくてもできるおススメ遊びや、誰もが知っている「あの遊びに潜む危険」についてご紹介しています。是非参考になさってくださいね!

何でも「自分で!」。よほどの危険がなければさせてあげてもOKな頃

外遊び

3歳の子ども、もちろんまだほとんどのことは大人のサポートなしではできません。しかし、公園での運動遊びについては、もうほとんどの遊具や遊びを自由にさせてあげても大丈夫な頃かと思います!(公園にもいろいろありますが、幼児向けの公園を想定してくださいね。)

子ども主体で遊ばせられる遊びの例(見守りはまだ必須です)

・安全なスペースで自由に走る
・三輪車をこぐ、バランスバイクで進む
・すべり台に上る・滑る
・トンネル遊具で自由に遊ぶ
・低いブロック等(砂場の淵等)の上を平均台のように歩く
・低い鉄棒にぶら下がる
・動物の遊具等にまたがり揺らす

少しサポートをすることで、挑戦できることが広がる遊びの例

・ジャングルジム(初めは抱っこで、慣れてきたら腰を支えて安心感を与えながら自分で下りる練習を)
・少し高い鉄棒(ぶら下がったり、支えて前まわり等に挑戦してみる)
・ブランコ(体の支え方やこぎかたを身につける)

腕や足の力もついてきて、運動面でもどんどんとできることが増えてくる子どもに対しては、ママの役回りも“主導”から“見守り”へと変わってくるのですね!

ルール遊びの導入には「色探し」がおすすめ!

外遊び

保育園や幼稚園に行っている3歳の子どもであれば、集団生活の中で少しずつルール遊びも経験しているかもしれませんが、ご家庭でママと二人で遊ぶ中では、なかなか集団での遊びのルールを理解する機会はないでしょう。

そんな時には、家族で楽しめて、子どもにもルールの分かりやすい“おにごっこの導入遊び”がおすすめです。それは、“色探し”です。

家族で楽しめて、子どもにもルールの分かりやすい“色探し”遊び

<遊び方>
(例)「ママが言った色のものに早くタッチした方が勝ち!」のようにルールを決めて遊びます。

(アレンジ・ワンポイント)
・ルールが分かったら、今度は子どもが指定した色のものへよーいどん!

・パパやきょうだいも一緒に遊びに来た場合には、“遊びの親”を決め、“親”が指定した色を一斉に探しに行く、といった遊び方もできます。

・自由に走れる公園では、想像力や体力を鍛えることができます!

・慣れてくると、「タッチして戻ってきたら勝ち」等ルールの追加や、「もの」から「人(パパ・お兄ちゃん等)」へタッチする対象を変えてみましょう。これ以外の遊びのルール(おにごっこやだるまさんが転んだ等)もスムーズにできるようになっていきますよ!

かくれんぼは要注意な点も

外遊び

ママと二人でできて、もっとルールが分かりやすいものに、かくれんぼという誰もが知っている遊びがあるように思いますよね。保育園では、3歳児ともなればクラス遊びでやっている所も多いと思います。

しかし、この時期の子どもには、「先のことより目の前のことを考えてしまう」という傾向がありますので、こんなところに注意してあげてください。

・「勝ちたい」気持ちが危険を上回る…「車にひかれたら大変」より「あの木の外側(道路)に隠れたら見つからないだろう!」と思ってしまう。
・「出られなくなる」…出られる・下りられるか分からない閉所や高所を隠れ場所に選んでしまう。
・「はぐれてしまう」

ママが子どもが場所を探しながら隠れるシーンまで完全に見ていることができれば良いですが、「ママが見てる」とバレて子どもが機嫌を損ねてしまったり、ママが隠れた瞬間に子どもが「ママ、どこ?」と泣き出してしまうことも…。そんな場合は、外でやるためにはもう少し理解の進みや人数が必要です。

かくれんぼについては、四方がフェンスで囲われた公園や施設や家の中で楽しまれる方が、ママも安心できると思います!

原稿協力:piyomama
保育士をはじめ、乳児~小学生の先生経験を活かして執筆活動中。1児(男の子)のママ。

piyomamaさんのブログ ― 『ゆる育児のご提案』元保育士ママライターのブログ

▼こちらの記事もおすすめ
2・3歳児の自分でやりたい!の意欲をさらに向上させて自信に変えるヒント|子ある日和

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします