『小さなジェントルマン&おませなかわいいママ!?』3歳を過ぎたらあと少し!天使の4歳について

木の陰からかを出す女の子
天使の4歳という言葉をしっていますか?
2歳前後のお子さんをお持ちのママ達は、それはそれは毎日壮絶ですよね。
怒りたくないのに怒鳴ってしまったり、いらいらしていてふと鏡を見たら自分の顔に縦じわがあって、ハッとしたとかいうママも多いですよね。
でももうすぐ4歳。
天使の4歳についてご紹介致します。

天使の4歳って?

公園で遊ぶ女の子
天使の4歳。海外でもエンジェルフォーといって4歳は天使だという考えがあります。
0歳はまだ言葉も話さず、にこにこかわいい盛り。
1歳過ぎて目を離せなくなったけれどもまだまだ素直でかわいい。
2歳くらいからは魔のいやいや期。なんでもいやいや、自分でやらなければ気が済まないので子育てが大変になります。
そして3歳はいやいや2歳に知恵がつき悪魔の3歳と言われる時期。
口も達者になってくるわ、やることやらないわ、自己主張が出るわで、ママ達はノイローゼぎみになるくらい小さな怪獣たちに奮闘します。

そして4歳。3歳半くらいからでしょうか、4歳になると突然いい子になってくれる日が多くなるのです。
聞き分けもよくなり、理由を説明すれば大概納得してくれます。
知能が発達してきている証拠です。
人の気持ちも察するようになってきます。
今自分がしなければいけない事も結構わかってきます。
なので毎日ではありませんが、落ち着いてくるのが4歳。
天使の4歳と言うわけです。

4歳男子はジェントルマン!?

笑顔の男の子
男の子って、少しおバカさんな言動も多いですが(笑)、4歳男子はとっても優しくジェントルマン。
ママが下の子に手を焼いていると自分で言われなくても準備をして待っていて、弟や妹が泣いていると笑わせてくれたり、ママが具合が悪いと「ママ、大丈夫?お薬飲む?水だよ。」とコップを持ってきてくれたり、思わずぎゅーっと抱きしめたくなるようなジェントルマンぶり。
しかし、その反対に戦いごっこで、けったり、ものを投げたり、ちょっと暴力的にもなってきます。
またお尻やおちんちんを丸出しして喜んでいたり、やっぱりおバカさんです。
しかし、急に周りの様子を観ながら行動するジェントルマンにも変身するのです。

4歳女子は小さなママ

笑顔の女の子
4歳の女の子はとってもおませさん。
ママのマネをしてなんでもお手伝い、小さい子を抱っこしたりお世話が大好き。
「ほら、こうやって。次はこれよ、これ持ったの?」とママの口真似そっくりです。
お手伝いも率先してエプロンつけてやってくれますが、口も達者達者。
大人が唖然とするくらいすごい剣幕でまくしたてるときもあります。女の子の方が男の子よりも知能が発達しているのかおしゃべり上手ですね。
ママと対等にやりあいますので面倒ですし、キーっとなってしまいます。
でもこれも成長の証。
小さなママはとっても便利ですから上手におだててみましょう!

4歳で落ち着かない時は?

喜ぶ女性
子供は個性がありますし、育った環境などによって成長や得意不得意が異なります。
もう4歳。でもまだまだ4歳です。
焦らず、少しでも何かできたりしたら大いに褒めましょう。
とにかく褒められると子供は伸びます。
4歳ならいけない事をしたり危ないことをしたら叱らなければいけない事もありますので、だめなものはダメとしつつ、良い行いはとことん褒める。
そして、何か役割を与える。
これを繰り返すと急激に知能の発達も手伝って、必ず天使の4歳となり落ち着きますよ。

子供はいづれ大きくなって親元を離れます。
こんなにずっと一緒にいられるのは数年ですから、魔の2歳、3歳を乗り越えて、いらいらすることがあっても出来るだけおおらかに、天使の4歳を待ちましょう。
子育てしている一瞬一瞬を大事にしていきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします