赤ちゃんの後頭部のハゲ!毛玉!その原因と対処法について。

赤ちゃん
産まれたばかりはただ寝てばかりだった赤ちゃんも2ヶ月・3ヶ月と過ぎるうちに、手足をバタつかせるようになります。
物を見れば手を伸ばして取ろうとする子もいるでしょう。
また4ヶ月になれば、早い子では寝返りを打つかもしれません。

そんな赤ちゃんの後頭部ですが、よく見るとハゲていたり、毛が絡み合い団子状態になっていたりしませんか?

これは赤ちゃんが寝ているときでも活発に動いている証拠。
頭が布団や床とこすれる為、毛が薄くなったり、絡み合ってしまっているのです。
いわゆる「寝ハゲ」「毛玉」と呼ばれるこの症状、いったいいつまで続くのでしょう?

今回は、この赤ちゃんの「寝ハゲ」と「毛玉」について考えてみたいと思います。

続きを見る→冒頭の通り、これは赤ちゃんの後頭部が布団や床に

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします