赤ちゃん爪切りバサミはどう使う?タイミングは?いつまで?

arekore
赤ちゃんのお世話の中で欠かせないものの一つに、爪切りがあります。
小さな爪を切るためには、大人用の爪切りでは使いにくいですね。
赤ちゃん用の爪切りバサミなどを使って上手にお世話をしましょう。

赤ちゃん用の爪切りあれこれ

arekore
普通私たち大人が使う爪切りは、赤ちゃんの小さな爪には大きすぎます。
また、赤ちゃん用の爪切りにもいくつか種類があります。

ハサミタイプ

赤ちゃん用の爪切りとしてよく知られているのがこのタイプ。
小さくて薄い赤ちゃんの爪を切る際に加減がしやすく動かしやすいのです。
刃先が丸くなっていて安心です。
切った爪が飛び散らないように爪受けか付いたものもあります。

小さめのテコタイプ

テコの原理によって動かす普通の爪切りですが、赤ちゃん用に刃が小さいものを使うようにしましょう。
これにも爪受けが付いたものもあります。

切るタイミングは?

切るタイミング
赤ちゃんの爪はすぐに伸びるので、数日に1度は切ってあげたいものです。

お風呂上がり

大人は特にそうですが、ある程度爪が厚くなるとお風呂上がりに軟らかくなっているときに切ると良いのです。
ただし、赤ちゃんの場合は爪が切れすぎることもあるので注意しましょう。

寝ているとき

更にママが困るのが、赤ちゃんはじっとしていないということです。
爪切りの最中にいきなり動かれるとあぶないので、ぐっすり眠っている時に、優しくしっかりと指を握って爪を切りましょう。

爪切りのポイント

ポイント
赤ちゃんは無意識や泣いたときなどに手をバタバタさせて、爪で顔を引っ掻いたりしてしまいます。
また、口に指を入れることも多いので、爪はきれいに切り、先が尖ったりしないようにしておきます。
1つの爪を1度で切らずに、3回ほどハサミを動かすようにして切りましょう。

赤ちゃん用の爪切りはいつまで?

いつまで?
赤ちゃんの爪も、1歳を過ぎる頃にはある程度厚みも出てしっかりしてきますから、通常タイプの爪切りでよくなってきます。
ただ、個人差もありますしママが使いやすければ、ハサミタイプの爪切りを使っても問題ないのです。
大切なことは、常に赤ちゃんの爪はきれいに切っておくということです。
手と足で爪の形も違いますから、爪切りのタイプを使い分けても良いかもしれませんね。

このように、赤ちゃんの爪切りに関しても使う爪切りや切り方など、いろんな違いや注意点があります。
衛生面などを考えて、赤ちゃんの様子を見ながら上手に爪切りをしてあげてください。

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします