離乳食が始まる前までは「布おむつ」がおすすめ

布オムツ

赤ちゃんの必需品の一つといえば、おむつですね。

最近では性能の良い紙おむつもたくさん種類が発売されていて「うちの子はこれじゃないと」というものがある方もいらっしゃることでしょう。ですが、意外と「布おむつ」も使いやすくておすすめなんです。

「布おむつ」のメリット

「布おむつ」というのは、綿で作ってあり、何度も洗えば使えるとっても地球環境に優しくてエコなおむつです。昔ながらの知恵で、赤ちゃんの肌にも優しく、かぶれをひきおこしにくいところも、肌が敏感な赤ちゃんにおすすめな点です。

また、「布おむつ」は紙おむつほど吸水性に優れていないため、赤ちゃんも気持ち悪くて泣いてお知らせしてくれるので、おむつのなかにおしっこやうんちが出るとすぐに教えてくれるのも機能的なんです。

とくに、生まれたばかりの母乳やミルクだけの時期の赤ちゃんは、少量のおしっこやうんちで、しかもあまり臭くないので、この時期には「布おむつ」のほうがお母さんも気兼ねなくおむつ替えができます。

「布おむつ」の使い方

「布おむつ」は、まず縦に半分畳んで、次に横に畳んでおむつカバーにセットして使います。赤ちゃんの大きさによってその畳み方を変えることもできるので、どんなサイズの赤ちゃんにも柔軟に対応できるのも機能的。紙おむつだと、やはりある程度溜まってからじゃないと取り替えるのはもったいないと思って放置してしまったり、おしっこやうんちが出たのに気付かずそのままにして赤ちゃんのおむつの環境悪化を招いてお肌をかぶれさせてしまうことも多々あります。

「布おむつ」の洗い方

赤ちゃんがまだミルクや母乳の時には、一般的におしっこもうんちもそれほど臭いもなく、洗うのも簡単です。我が家ではポリバケツ型の簡易洗濯機能がついた製品を購入し、なかに水をためて洗剤を溶かしておき、汚れたらそのバケツに入れておいてある程度溜まったら一度軽くあらって汚水をトイレに流し、そのあとは洗濯機で洗っていました。

綿なのですぐ乾く上に、畳むだけなのでお手入れも簡単。しかもおむつカバーとセットでおいておけば、ささっと交換できるので、最初にコツさえつかめばだれでも簡単に「布おむつ」に慣れることができると思います。

離乳食が始まって、いろんな食材を食べるようになったり、ぼうこうが大きくなってある程度の量のおしっこを貯められるようになると、「布おむつ」を卒業して紙おむつのほうが便利になりますが、それまでは「布おむつ」を使った方が、赤ちゃんのお肌のためにも良い上に、ママの手間も経済的な負担も大いに軽減できますよ。

関連ワード:

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします