よちよちあんよのためのファーストシューズの選び方

赤ちゃんの靴
1歳前後になると、あんよが始まります。よちよちと歩く姿は可愛さだけでなく、「ついこないだまで寝ているだけだった赤ちゃんが歩くだなんて!」とママもパパも感動してしまうことでしょう。あんよが始まると必要なのが靴です。今回は、ファーストシューズの選び方を紹介します。

1.サイズがピッタリフィットしていること

赤ちゃんの小さな足にピッタリフィットしていると、歩いた時に靴の中で足がずれにくく、しっかりと地面に足をつけて踏ん張ることができます。かかとが靴に包まれているか、つま先が靴の先にあたっていなく指動かせる余裕があるか、じっくりとサイズのチェックをしてあげましょう。

2.柔らかく弾力性のある素材

歩き始めたといってもまだまだ筋力は少ないもの。曲がりにくく硬い靴だど赤ちゃんも上手に歩くことができません。赤ちゃんの足の柔らかさに合いきちんと曲がっているか、地面の衝撃を吸収してくれる靴底かどうかもチェックしてみましょう。また、赤ちゃんは代謝が活発であり、歩けるようになった嬉しさからあちこち動きだしいつも以上に汗をかくでしょう。そんな時、通気性の悪い靴だと赤ちゃんも不快です。吸汗性やサラサラした手触りのよいもの、簡単に洗えるものもおすすめです。

3.ママもラクチンなワンタッチテープ

一度お外遊びの楽しさを知った赤ちゃんは、靴を履きたくてうずうずしています。靴を片手にママのところへお誘いにくる赤ちゃんもいるでしょう。そんなとき、紐があったり硬かったりすると手こずってしまいます。まだ自分で履いたり抜いだりできないので、ママやパパが簡単に履かせることができるワンタッチテープタイプのもがおすすめです。また、履き口も広く開き小さな足を入れやすいものを選ぶと良いでしょう。

以上、ファーストシューズの選び方を紹介しましたが、初めての靴に困惑する赤ちゃんも少なくありません。お家の中であんよができたからといって、いざ靴を履かせてみてもぺたんと座り込んでしまう場合もあります。そんな時は決してあせってはいけません。初めての靴に慣れない赤ちゃんも可愛いものです。軽く薄いルームシューズなどから靴の練習を始めてみましょう。その際、靴底に滑り止めが付いているかどうか確認することをお忘れなく。目新しいものがいっぱいあるお外は暑さも寒さも関係なく赤ちゃんにとって大変魅力的なものです。楽しいお散歩に向けて赤ちゃんにぴったりな素敵なファーストシューズを手に入れて下さいね。

▼こちらの記事もオススメ!▼
厳選したベビースニーカー。選んだポイントは足と靴の一体感、もうひとつは、、、|子ある日和
赤ちゃんや子どもの靴の選び方 やってしまいがちな3つのNGパターン|子ある日和

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします