事前準備で楽々お掃除。トイレトレーニング中のお漏らし対策!

トイレトレーニング
トイレトレーニングも終了間近。
うんちとおしっこの感覚もしっかりし、徐々にトイレに行けるようになると、そろそろオムツからパンツへと移行したいなと、考えているお母さんもいるのではないでしょうか?
しかし、パンツになると“お漏らし”がつき物。
玩具やアニメに夢中になっているうちに、ソファーや絨毯を濡らされ、がっかりすることもあるでしょう。

そこで今回は、トイレトレーニング中にお漏らしをしてしまったときの対処法についてご紹介したいと思います。

とにかくすぐ拭く!

雑巾で拭く
カーペットもソファーも、お漏らしをしてしまったらとにかくすぐに拭くことが重要です。
中のほうに染みが広がってしまう前に、出来るだけ早急に対処するようにしましょう。

オムツで吸い取る

オムツ
オムツの吸水力は、本当に優秀!
絨毯やソファー、お布団へのお漏らしは、オムツを使って吸水するのが一番です。
オムツを開き、吸水面を下にし、上から踏みつけるようにして使用しましょう。

重曹を使う

重曹にはシミや臭いを取り除く効果があります。
そのため、お漏らしの水気が取れたら、重曹を薄く水で薄めたものをスプレーし、乾いたタオルでたたくようにふき取るようにしましょう。
シミが酷い場合は、重曹の粉を直接振り掛け、後で粉を落とすようにしましょう。
シミが綺麗に取れたら、最後に除菌効果のある消臭スプレーを拭きつければ完成です。

パズルマットやコルクマットを敷く

matto
カーペットや畳など、掃除が大変だなと思う場所には、パズルマットやコルクマットを予め敷いておくとよいでしょう。
マットの下には新聞紙やペット用のトイレシートなどを敷いておけば、万が一おしっこが下に染みてしまったとしても安心です。

防水シートを敷く

高級なソファーなど、どうしても汚されたくない場合は、おねしょ対策用の防水シートを上に敷くと良いでしょう。
防水シートの上にバスタオルや洗濯可能なラグなどを敷いておけば、見た目も気にならず使用できます。

遊ぶときはフローリングの部屋で

フローリング
トイレトレーニング中は、遊ぶ場所を限定しておくのも一つの手です。
フローリングの部屋であれば、万が一お漏らしをしてしまっても、お掃除が簡単。雑巾で拭うだけで綺麗になるので、お母さんにとってはありがたいことでしょう。
畳や絨毯の部屋で遊ぶときは、おまるを用意するなど、部屋によって対応を変えてみると良いでしょう。

まとめ

トイレトレーニング中のお漏らし対策は、お母さんのためでもありますが、子供のためでもあります。
トイレトレーニングを成功させる秘訣は「お母さんが頭ごなしに怒らないこと」。
そのため、お漏らし対策がきちんとされている方が、オムツを卒業しやすいと言えるでしょう。

子供がリラックスした気持ちで、トイレトレーニングが出来るよう、予め準備を整えてあげることが大切です。

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします