添い寝は最高のスキンシップ。でも、いつまで続けるべき?

添い寝
日本では昔から“添い寝”の文化が根強くあります。
まず、住居が狭く、赤ちゃんの頃から一人部屋を与えられる家が少ないこと。
そして、畳に布団を強いて眠る家が多かったことがその要因として挙げられるでしょう。

しかし昨今では、そんな“添い寝”による子育てでのメリットが多く取り上げられ、例え別々の部屋で過ごせる環境であっても、“添い寝”を行っているお母さんが多いと聞きます。
また、その文化が海外にも輸出され、“添い寝”の効果が見直されている国も多いとも言われ始めました。

今回は、そんな“添い寝”に着目し、そのメリットと「いつまで添い寝を続けるべきか」について考えてみたいと思います。

添い寝のメリット

メリット
それでは、まず始めに“添い寝”のメリットについて考えてみましょう。

親子でスキンシップをはかれる

“添い寝”の一番もメリットはなんと言っても親子間でのスキンシップと言えるでしょう。
肌と肌をくっつけあい眠ることで、赤ちゃんは安心感を覚え、幸福感に満たされることでしょう。
そしてその安心感が信頼感へと繋がっていくのです。

赤ちゃんの異変に早く気付ける

赤ちゃんが生まれて間もない頃は、お母さんも体力的に疲れていることが多いでしょう。
そしてうっかりと熟睡してしまい、赤ちゃんの声に気付かない・・・と言うこともあるかもしれません。
しかし“添い寝”をしていれば、その可能性は減ることでしょう。
例えば赤ちゃんがうつ伏せに寝てしまって苦しいとき、風邪で咳き込んでいるとき、急な発熱で痙攣を起こしているときなど、真っ先に気付いてあげることが出来るのです。

寝ながら“おっぱい”をあげることができる

乳児期の夜間の授乳には“添い寝”が一番。
赤ちゃんが泣いたら寝たままおっぱいをあげることが出来ます。
中には、おっぱいを出したまま朝まで眠ってしまうと言うお母さんもいるほど。
“添い寝”は授乳期の赤ちゃんには最適な寝方といえるでしょう。

添い寝は何歳までするもの?

はてなマーク
上記のように“添い寝”には多くのメリットがあることが分かりました。
しかしそれでは、“添い寝”はいったい何歳まで続けるのが良いのでしょうか?

これには、正しい時期と言うのはありません。
子供が徐々に親から離れ、自立し、一人で寝られる状況がくれば、自然に変わっていくことでしょう。
また「お母さんと一緒に寝たい」というのは、子供らしいとても自然な感情です。
子供がお母さんと一緒に寝たいと思うのであれば、一緒に寝てあげることが子供にとって一番幸せなことなのです。

何歳から一人寝をはじめるべき?

疑問を感じるママ
しかし、中学校に入っても高校生になっても「一人で寝られない」というのは、心配なことでもあります。
子供にも修学旅行や林間学校など、一人寝が必要なシチュエーションが徐々に増えてくることでしょう。

そのため、出来れば小学校入学辺りで、一人で練習を始めることをおススメします。
その場合、大切なのは“添い寝”の一番のメリットである「親子のスキンシップ」を他のことで補うことです。
寝る前に絵本を読んであげる。きちんと子供を抱きしめてあげるなど、子供の心をきちんと愛情で満たしてあげ、寝床に付かせることが重要です。
また、寝つきも暫くは背中をとんとんと叩くなど、スキンシップをしてあげると良いでしょう。
いきなり「一人部屋で寝かせる」のではなく、徐々にその環境を作り上げていることが大切です。

まとめ

まとめ
“添い寝”と言うのは、子育てを行ううえで、一番理にかなった方法なのかもしれません。
子供と肌を合わせ、お互いの心音を聞きながら眠ることは、動物的であり、本能に基づいた愛情表現ともいえるのです。

子供が「お母さんと一緒に眠りたい」と思うのと同じように「お母さんも子供と一緒に眠りたい」と思う方も多いではないでしょうか。
添い寝で是非親子の絆を深めてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします