イヤイヤ期と一緒にやってくる。『この服がいい!ママの選んだ服は着ない!!』

洋服選び
今まで子供のことは何でも大人が決めてやってあげていたはずなのに、二歳を目の前にして子供の「あれは嫌!これは嫌!」親の言うことなんでも嫌の『魔のイヤイヤ期』がやってきます。
親が何を言っても「嫌!」急いでいるのに「嫌!」毎日のイヤイヤ攻撃で思うようにならず、親は疲れてイライラしてしまいます。

そしてそれと同時期に追い打ちをかけるように「なんでも自分がやりたい!」「自分の着るものも自分で決める!」という訴えも始まります。
晴れた日に長靴にレインコート姿、エプロン姿、夏にブーツ姿、のよそのお子様を見かけたことはありませんか?
まさに「自分の着たいものを着る!」の時期の子供たちですね。
今まさにそんな時期のお子さんを持つお母さん方、どう対処されていますか?また、そんな時期が我が子にやってきたときどのように対処しますか?
対処方法について考えてみましょう。

着せたい服を着てくれない!』どうしたらいい?

悩むママ
子供は親が思っている以上に速いスピードで成長していきます。
今までは興味のなかった洋服。ある日突然洋服ダンスを覗きだし、服に興味を持ち始めます。
「これが着たい!あれが着たい!着替えさせて!」と洋服を持ってくるようになります。
はじめはかわいいそんな姿。
けれど、それも徐々にエスカレートしていき自分の思っている服しか着てくれなくなります。
「寒いのにノースリーブ」「毎日同じワンピース」「カンカン照りなのにレインコート」家の中ならいいけれど、外では人目も気になります。

そんな時どのようにお子さんに接していますか?

お子さんの意見をすべて拒否して親の思う服を無理やり着せていませんか?
親には面倒なこの時期。
でもこれは「自分の意見を述べる」「自分がやりたいことを自分でやる」お子さんがしっかり成長している大切な時期です。
親の意見ばかり押し通すと子供の成長を妨げてしまいます。

何もかも否定するのではなく、一緒に服を選んでみましょう。

暑いのに薄着なら「ちょっと寒いね。」と言って上から何か着るものを一緒に探してみる。
同じ服なら洗濯して濡れているところを見せ「冷たくて着られないね。また今度着ようね。ほかにかわいいのないかな?」と一緒に探してみましょう。

少々奇抜な服でも、季節があっていればある程度は認めて着せてあげましょう

晴れた日にレインコートを着たがっても「これは雨の日に着るものだよ。」と教えてあげ、時には着せてあげるのもいいかもしれません。
ほかの人はよその子供のことはそれほど気にしていません。
人目を気にするよりお子さんの表情をよく見てあげてみてください。

自分が選んだ服を着て外出した時お子さんは嬉しそうな顔していませんか?
無理矢理服を着せたときは泣いていませんか?子供は褒められると喜びます。
まずは自分で服を選んできたことを褒めてあげましょう。

イライラばかりしていませんか?時間と心に余裕を持ちましょう。

イライラする女性
子供の洋服選びに付き合うには時間がかかりますよね。
時間がない時はイライラしてしまい感情的になってしまいがちです。
イヤイヤ期のお子さんと付き合うには心にも時間にも余裕が必要です。
そのことをしっかり理解したうえで何事も時間に余裕を持って行動しましょう。
前の日に一緒に洋服選びをするのもいいかもしれません。
そして、洋服ダンスを整理しておくことも大切です。
季節外れのものや、着せたくない洋服はほかの場所へ収納し、子供の目に入らないところへ置いておきましょう。

膨大な数の洋服が置いてあると子供も目移りしてしまいます。
「これなら着てもいいな。」と思う洋服だけタンスに入れておくのもいいですね。
子供が洋服を選びやすい環境づくりをすることで、時間に余裕もできそうです。

まとめ

親にとっては面倒で大変なこの時期。
しかし、子供にとっては自分で何かをやろうとする成長過程の大切な時期です。
そんな大切な時期。ゆっくり見守ってあげる心の余裕が欲しいですね。
今は手がかかり大変な時期かもしれませんが、こんな時期は今しかありません。
奇抜な服を着た時、そのファッションを写真におさめてみたらどうですか?
あとで振り返ると「こんな時期あったな。」「大変だったけどかわいい。」と思える時期が必ずきます。
期間限定の子供のファッションショー楽しみながら乗り切りましょう。

▼こちらの記事もおすすめ
服の着方トレーニングはいつごろから?方法は?自分でできたよ!を育てるには|子ある日和

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします

キーワード: