哺乳瓶を全力拒否!!そんな赤ちゃんにスムーズに哺乳瓶に慣れてもらう方法とは?

泣く赤ちゃん
慣らし保育も終了し、職場に本格的に復帰したというお母さんも多いこの時期。
今まで母乳だったけど、保育園ではどうしてもミルクになるから、これを機にミルクに切り替えたい!
そう思っているお母さんもいらっしゃるのではないでしょうか?

また、おじいちゃん・おばあちゃんに預けるときのため、哺乳瓶でミルクを飲めるようになった欲しい。
そう思っているお母さんもいることでしょう。

しかし長い間母乳で育った赤ちゃんは、なかなか哺乳瓶を受け入れてくれないのが現実。
折角作ったミルクも無駄になり、途方にくれている方も多いのでは!?

そこで今回は「哺乳瓶を嫌がる赤ちゃんの対処法」に焦点を当て、解説したいと思います。

赤ちゃんが哺乳瓶を嫌がる原因

悩むママ
赤ちゃんが哺乳瓶を嫌がる理由は以下の4点が主です。

・お母さんのおっぱいじゃなくちゃ嫌
・哺乳瓶の乳首が合わない
・ミルクの温度が合わない
・ミルクの味が嫌

したがってこれらの点を改善してあげれば、哺乳瓶を嫌がらずに飲んでくれることになります。
次項で、これらの対処法について解説いたします。

赤ちゃんに哺乳瓶を慣れてもらう方法とは?

哺乳瓶に慣れる

哺乳瓶や乳首の形を変えてみる

哺乳瓶と乳首には様々な種類があります。
特に乳首には、お母さんの乳首に形状や弾力を似せた商品などもあるので、赤ちゃんの好みに合わせ、買い換えてあげると良いでしょう。
また、生後間もない赤ちゃんの場合は、まだ飲む力が弱いため、乳首の穴の大きさを調整してあげることも大切です。

ミルクをあげる体勢を変える

哺乳瓶でミルクを飲んでいるとき、空気まで一緒に飲んでしまうことがあります。
すると赤ちゃんは苦しいので、哺乳瓶を嫌がるようになります。
まずは哺乳瓶の角度を調整し、また普段おっぱいを飲んでいるときと同じような体勢に赤ちゃんを置いてあげると良いでしょう。
哺乳瓶の乳首に空気抜きの穴が開いているものもありますので、調整しながら飲ませてあげるようにしましょう。

搾乳したおっぱいを入れてみる

哺乳瓶が嫌なのではなく、ミルクの味が嫌と言うこともあります。その場合は、最初は哺乳瓶に搾乳したおっぱいを入れてみてはいかがでしょうか?
そして哺乳瓶でおっぱいを飲むことに慣れてから、徐々にミルクへと移行するようにしましょう。

温度を調整する

哺乳瓶を嫌がっているうちにミルクが冷めてしまってはいませんか?
ミルクの温度は人肌。そう思っていても、時間の経過と共に温度は変化するもの。
実際は赤ちゃんの好みの温度ではないことも多くあります。
最初は少し熱めに作り、徐々に冷ましていく。そして赤ちゃんが飲んでくれる温度を見つけてみると良いでしょう。

哺乳瓶は諦めてスパウトを使用する

哺乳瓶の乳首は偽者の乳首。だから哺乳瓶が嫌い。
と言う赤ちゃんも多くいます。そういう場合は、いっそのこと哺乳瓶を諦めて、スパウトマグを試してみると良いでしょう。
特に離乳食が始まった6ヶ月頃の赤ちゃんであれば、スパウトの方が飲みやすいこともあるでしょう。
意外かもしれませんが、保育園でのミルク供給は哺乳瓶を使用せず、コップやスプーンと言うところが多いのが実情。
哺乳瓶にこだわらず「ミルクを飲ませる」ことに重点を置いた方が良いこともあります。

ママ以外の人があげてみる

ママはおっぱいをくれる人。
赤ちゃんはそう思っています。そのためお母さん以外の人がミルクを上げたら、意外なほどすんなり飲めたと言うケースもあります。
そのため、まずはおばあちゃんやパパなど、ママ以外の人で哺乳瓶を練習してみるのも一つの手。哺乳瓶に慣れたら、ママがあげてみてはいかがでしょうか?

まとめ

以上のように、哺乳瓶を嫌がる赤ちゃんへの対処法について解説いたしましたがいかがでしたでしょうか?

哺乳瓶も“慣れ”が必要ですので、根気よく続けていればそのうち飲んでくれるようになるでしょう。
また、どうしてもダメなときは、スプーンであげるスパウトを使用するなど柔軟に対応するとよいでしょう。
いずれにしろ、いつかは卒乳の時が来るのですから、あせらずに赤ちゃんに合わせてゆっくりと進めてあげることが大切です。

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします