引きこもり育児は危ない!?子どもに与える影響と危険性について

悩むママ
産後は慣れない育児の疲れから、外に出かけるのが億劫になってしまうお母さんが少なくありません。
また、外出すると言っても、赤ちゃん連れの外出は荷物が多かったり、気を使う場面が多かったりと、ついつい気後れしてしまう方もいることでしょう。
しかし、そうやって最低限の外出しかせず、家に引きこもり育児を行っていることで、育児ノイローゼを招いたり、子供にとっても悪影響を与えているケースがあるのも事実です。

そこで今回は「引きこもり育児」に焦点を当て、その危険性について解説したいと思います。

引きこもり育児とは?

はてなマーク
冒頭の通り、“引きこもり育児”とは、家に引きこもって育児を行うことを総称します。
慣れない育児の疲れや「赤ちゃん連れの外出」に気後れしてしまうことが原因となるケースが多いようです。

しかし実際は、「出かけられない」事情がそうさせている場合が多いと言えるでしょう。
近くに親族が住んでいなかったり、土日のご主人の仕事が忙しかったりと周りのサポートが得られず、「一人で子供を連れて出かけなくてはいけない」、「子供を誰かに預け外出できる環境がない」という環境が“引きこもり育児”の引き金になっているのです。

引きこもり育児の弊害

育児ノイローゼ
それでは、引きこもり育児は、お母さんにどのような影響を与えてしまうのでしょうか。
まず一番の問題は、お母さんが育児ノイローゼになってしまうことがあげられます。
家にずっと引きこもって育児をしていることで、育児の悩みを他人に相談できなかったり、赤ちゃんと2人きりでいることで閉塞感を感じたりすることが要因となります。
またお母さんが育児ノイローゼになってしまうことで、子供は愛情をきちんと与えてもらえなかったり、イライラとするお母さんのストレスのはけ口となってしまうことも有り得ます。

引きこもり育児は子供の成長の妨げとなる

ポイント
また、お母さんが引きこもって育児を行うことで、子供にも大きな影響があります。

子供は、この世に“生”を受けた後は、社会と通じながら成長していきます。
お母さんと散歩に行くことで、始めて“空”を見たり、他人を見たり、植物を見たりし、この世の成り立ちを自然と学んでいくのです。
しかし、お母さんが引きこもって家にだけいると、子供は外の世界をしる機会を得ることが出来ません。
家の中に在るものだけを見て生活することで、子供は好奇心を奪われ、心を育てるチャンスを奪われていくことになるのです。

また、子供は外気に触れながら免疫力をつけていきます。引きこもり育児は子供の免疫力低下にも繋がるため、風邪を引きやすくなったり、身体が弱くなってしまう要因ともなってしまうのです。

引きこもり育児を防ぐためには?

悩むママ
それでは引きこもり育児を防ぐためにはどうしたらよいのでしょうか?
一番は、同じ年頃の子供を持つ“ママ友”を作ることです。
最初は面倒かもしれませんが、児童館などに出かけ、他のお母さん方と交流を持つと良いでしょう。
また、ご主人や親族のサポートを得て、一人子育てにならないようにすることが大切です。
なかなか周囲に助けてくれる人が見つからない場合は、行政の手を借りるなどし、少しでも負担を減らすよう心がけると良いでしょう。

まとめ

一人で子育てをしていると、自分の子育て方法に自身が持てなくなったり、閉塞感に襲われ、子供への愛情すら薄れたような気分に陥ることがあります。
しかし誰しもが子育てに不安を持っているもの。そして社会は案外捨てたものではなく、ちょっと外出した先で受けた親切で心が救われたりするものです。
また子供にとっても外の世界は素晴らしい影響を与えてくれるでしょう。
是非、一歩踏み出し、外出する努力をしてみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします