3時間おきじゃなかったの!?1時間に1回の授乳になってしまうワケと乗り越え方!

時間
赤ちゃんとママにとってとっても大切な時間の1つの授乳タイム。
まだお話のできない赤ちゃんにとってママとのスキンシップやコミュニケーションになりますよね。
大事な時間のはずなのに、頻回すぎて疲れてしまう、上手くいかない、3時間おきって聞いていたのに全然違う。
なんて言うお悩みを持つママも多いのでは?
そんなママのお悩みを一緒に解決していきましょう!

頻回なのにはワケがあるそのワケ4つ

ポイント
育児本や産婦人科などで、教わる授乳方法は、授乳は3時間おきにしましょう。
と言われるのが一般的ですよね。
特に粉ミルクの場合は、消化が悪く胃に負担が大きいため、3時間以上離してミルクをあげなければいけません。
ですが、母乳の場合は、3時間以内であっても大丈夫です。
なので、さっき母乳を与えたばっかりなのに、また泣き始めるからまた授乳。
なんてこともあるのではないでしょうか?
ぐずったら、お腹がすいているか心配だからついつい母乳をあげてしまいがちですがほかにもしかしたら理由があるかもしれません!

おむつが気持ち悪い

まずはオムツから!
これはかなり基本的な事ですが、かなり神経質な赤ちゃんの場合はちょっとのしめりでもなく子もいます!
少数派かもしれませんが、特に布おむつの子はこまめにかえてあげましょう。

暑い?寒い?温度調節はできてる?

赤ちゃんは大人よりも体温が高めです。
冬だからといって厚着させすぎ、布団のかけ過ぎには注意。
室内にいるときは靴下はぬがせてあげる、あつそうなら、洋服や、布団、空調で調節してあげましょう。
逆に夏は、室内では肌着1枚で過ごしたり、空調は26~28℃設定で快適にしてあげましょう。
汗はこまめに拭いてあげましょうね。

寂しくて泣いてるよ!スキンシップは大丈夫?

全部確認したけどそれでも泣いてる場合はもしかしたら寂しいのかもしれません。
ママは24時間365日赤ちゃんにつきっきりで疲れてしまっているかもしれません。
授乳が終わったから、すぐにベビーベッドに置いたり、バウンサー頼りになったりしていませんか?ようきの
もちろん、そんな日があってもいいのです。ずっとつきっきりで、ノイローゼになってしまっては大変です。
ですが、ずっとそれではやっぱり赤ちゃんも寂しさを感じてしまいます。
肌と肌を合わせてぬくもりを感じたり、抱っこしてもらってスキンシップをはかりたいのかもしれません。
授乳がおわってもしばらく抱いていてあげましょう。もしかしたら安心して深くお昼寝してくれるかもしれませんよ。

本当に母乳が足りていないかも!?

上記のことをすべてやっても1時間おきの場合は本当に母乳が足りていないかもしれません。
母乳をあげた後赤ちゃんの体重をはかって、全然増えていなければ、ミルクをちゃんとプラスして、混合にし、お腹を満たしてあげましょう。

授乳以外での乗り切り方4つ

授乳

抱っこで歩いてみよう

母乳をあげる前に抱っこして、ふらふらと歩いてみましょう。
もしかしたらお腹がすいているわけじゃないかもしれないので、
すぐに授乳せずに、少し他のことも試してからにしてみましょう。

好きそうなおもちゃをみつけてみよう!

どんなおもちゃが好みか、あやしてみましょう!
お気に入りのおもちゃが見つかれば、今度からそれを使って気がまぎれるかもしれません。
お話の内容はまだ分からないけど、絵本での読み聞かせもグッド!
なんといっても、ママの声がするのが赤ちゃんは嬉しいのです。

日中は外にお散歩にでかけてみよう

外に出られる時期の赤ちゃんは、お散歩が必要です。
日光によりビタミンDを形成するため、外の風や景色を見せて刺激を与えることも適度に必要なのです。
日中何かしらの刺激をうけると、お家での過ごし方も少しずつ変化していきます。
新しいことに興味を持ったりして、にこにこな時間が増えるかもしれません。
母乳への執着心が緩和されるかもしれませんよ。

離乳食が始まってる赤ちゃんには手作りおやつを

離乳食の始まってる赤ちゃんなのに授乳が頻回なら、ママとっておきの手作りおやつを作ってあげましょう。
月齢に合わせて食べられる物を確認して興味の持ってもらえそうなものやその子の好みに合わせて作って、あげてみましょう!

まとめ

いかがでしたか?
授乳が頻回なのはお互いにストレスになったりしがちです。
さまざまな理由はありますが、1つずつ解決して、赤ちゃんとママにピッタリなものが見つかると
もっと素敵な子育てライフの始まりです!
育児本通りに行くことなんてなかなかなくて、難しいですよね。
だけど、1日1日大切な時間です。
自分なりの方法ですてきな子育てライフを送っていきましょうね。

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします