赤ちゃんは一人寝の方が夜泣きが少ない?一人寝のメリット、デメリットについて。

眠っている赤ちゃん
「夜泣き」は欧米よりも日本の方が多いとい言われています。日本では「添い寝」が一般的ですが、欧米では「一人寝」が殆どであることと関係があるのでしょうか。

添い寝は、赤ちゃんと一緒に寝ることで安心感を与えることが出来る。また、夜間の授乳が楽などのメリットがありますが、一人寝には、夜泣きがない、自立が早いなどの効果があるとも言われており、どちらが良いのか分からないというお母さんもいることでしょう。

そこで今回は、「一人寝」について着目し、そのメリット・デメリットについて解説したいと思います。

一人寝のメリット

寝ている赤ちゃん
それでは、一人寝のメリットとは何なのでしょうか?

夜泣きが少ない

実は「夜泣き」をする子供は、日本が圧倒的に多いと言われています。

欧米では「一人寝」をさせているため、赤ちゃんに昼夜の区別がつきやすく、早い段階から生活リズムを確立できるとされています。

また赤ちゃん自身も、「夜は一人で寝なくてはいけないんだ」と自然に覚えるため、夜間に泣いてお母さんを呼ぶ習慣がつき難いともいえるでしょう。

親子ともに安眠できる

そして「一人寝」の最大のメリットは親子ともに安眠できると言うことでしょう。

子供と川の字になって眠るのが夢だと言うお母さんもいますが、実際は「子供にけられて眠れなかった」「夜泣きがうるさくて睡眠不足」と言うこともあるでしょう。

「夜泣き」を減らして、親子がともに安眠するためには、ベッドを別にし、寝室を分ける事が最良なのかも知れません。

子供のペースではなく、親のペースで生活できる

そして、「一人寝」をさせることで、夫婦の時間が持てるというのも利点でしょう。

「添い寝」をしてしまうと、ついつい子供と一緒に寝てしまいがちですが。しかし、子供が勝手に一人で寝てくれるのであれば「子供が寝た後」の時間をゆっくりと楽しむことが出来るともいえるでしょう。

昼間は子供につきっきりのお母さんも「夜泣き」がなくてほっと一息つける。また夫婦で映画を見たりお酒を飲んだりする時間が作れるのも「一人寝」のメリットと言えます。

一人寝のデメリット

寝転がっている赤ちゃん
それでは、一人寝のデメリットとはなんでしょうか?

日本は居住空間が狭く、子供に一人部屋を持たせることが出来ない

日本で添い寝が一般的なのは「居住空間が狭い」というのが理由の一つです。

また、畳に布団を敷いて寝る文化があったため、親子で川の字になって寝る家が多かったのも理由と言えるでしょう。

一人寝をさせたいけれど小さな子供に一部屋持たせる余裕がない、と言う家は多く、物理的に「添い寝」を選ばなくてはいけないこともあります。

赤ちゃんの変化に気付くことができない

赤ちゃんが夜中に突然熱を出し熱性痙攣を起こした。など、赤ちゃんの変化にすぐに気付けないこともデメリットだと言えるでしょう。

現在では乳児突然死も問題となっており、このデメリットを危惧し、「添い寝」を選択するお母さんも多いようです。

赤ちゃんとのスキンシップがはかれない

赤ちゃんと一緒に寝るのはとても幸せなことです。赤ちゃん自身もお母さんに包まれて眠れることで安心感を覚え、愛情を感じることでしょう。

「一人寝」は寂しい。というのもデメリットであると言えるでしょう。

添い寝と一人寝どちらが良い?

シマウマとヒヨコとクエスチョン
それでは添い寝と一人寝とどちらが良いのでしょうか?

これは一概にどちらが良いとは言うことが出来ません。

中には、お父さんが深夜帰宅なので、寝室は別にしたいと思っている人もいるでしょう。また、早い段階で自立して欲しいと考え、一人寝を選択する人もいるでしょう。

上記の通り、添い寝には添い寝の、一人寝には一人寝のメリット・デメリットがあるため、各家庭の事情や方針、また子供の性格によって決めてあげると良いでしょう。

まとめ

一人寝を選択した場合、「子供の変化に気付けない」「スキンシップが少ない」などのデメリットがありますが、これは集音装置を使用する、日中のスキンシップで補うなどでフォローすることが出来ます。

添い寝と一人寝。どちらにもメリット・デメリットがあるため、親子ともに快適に過ごせる方法を選択すると良いでしょう。

▼こちらの記事もおすすめ
赤ちゃんの夜泣き対策!今すぐ試せる5つの方法|子ある日和
2歳・3歳の夜泣きは何かのサイン?その原因と対処法について。|子ある日和

関連ワード:

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします