お箸の練習法『バンバン持ち』って知ってますか??

お箸
正しくお箸を使うのは小さな子供には難しいものです。
とはいえ、だんだんと教えていかなければいけませんよね。
教え始めは遊んだりポイポイすてたりしてママはイライラ、ご飯も進まず大変ですよ。
でも小さなうちに正しいお箸の使い方を身に付けさせてあげるのは親の役目。
今回は、『バンバン持ち』というお箸の練習方法をご紹介しつつ、お箸を使えるようになるまでの過程をご紹介したいと思います。
是非参考にしてみてくださいね。

お箸のまえにスプーンを

スプーン
まずはお箸の前にスプーンをうまく使えるようにさせましょう
焦ってスプーンをまだうまく使いこなせていないのにお箸の練習をさせてもうまくいきません。
また、スプーンを正しい持ち方で持てるようになるとそのあと、スムーズにお箸を持てるようになりますからまずはスプーンをグーで握らずに、鉛筆を持つように握って食べ物が上手に食べられるようにしてあげましょう。
グーでないとスプーンがうまく使えない場合はまずはグーでしっかり食べさせて徐々にグーから鉛筆持ちでスプーン使いも焦らずに段階を踏んで練習させてあげましょう。

お箸は「バンバン持ち」で

ポイント
「バンバン持ち」というのはピストルを持つような形でお箸を持つので「バンバン持ち」と言います。

バンバン持ちはどのようにしてお箸を持つのかと言いますと、手をグーにして、親指と人差し指でピストルのような形を作ります。
ここからお箸を持つ場合は伸ばした親指と人差し指を輪っかを作るようにしてお箸をつまんで持ちます。
そしてお箸が落ちないように中指を添えるようにします。

そうするとどうでしょう、きれいなお箸の持ち方になっていますよね!
フォークやスプーンもこの「バンバン持ち」で練習させてもいいです。
「バンバン持ちできるかな~?」と声をかけると楽しそうにやってくれますよ。

お箸が上手に持てたら

ご飯
お箸が上手に持ててもそこから開いて、食べ物をつまむのはなかなか至難の業です。
まずはお箸にくっつきやすいご飯からお箸で食べてみるといいですよ。
そして時間がある時に、お箸を2本ではなく1本で「バンバン持ち」をして上下に動かす練習をしてみるとだんだん上手にお箸が開くようになっていきます。

エジソン箸という補助箸も売っています。
グリップがついていたり、落ちないようにサポートする丸い輪っかがついていて使いやすいですので、お子さんによってはこれで自信をつけてから普通のお箸に移行すると上手くいく人もいます。
ただし、エジソン箸はあくまでも補助がついているお箸なので、これでできても普通のお箸ではうまくいかない事も多いです。
あくまでも慣れさせることを目的とだけ考えて、お子さんの様子に合わせて使う使わないを決めましょう。

お箸はママやパパが正しい使い方をしていて、最低限を教えてあげれば、みようみまねでうまく使えるようになっていきます。
あまり神経質にならずに、でも間違った持ち方はさり気なく直してあげて根気よく見守ってあげてみましょう。

少しでもつまめたら褒めてあげることも大切です。

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします

キーワード: