賛否両論は覚悟の上。迷子紐って使う?使わない?

迷子紐をつけた赤ちゃん
子育てに忙しい毎日において、子ども連れでの外出は大変なものですよね。

なかなかじっとしていない子どもを連れているときに便利だと言われる迷子紐ですが、賛否両論あります。
迷子紐はどういうものか、そして、迷子紐のメリットとデメリットを知っておきましょう。

迷子紐ってどんなもの?

クエスチョンマーク
迷子紐は、『ハーネス』とも呼ばれますが、それだけ聞くとペット用品を思い浮かべる人もいるかもしれません。

ハーネスとは「胴輪」という意味ですから、首ではなく胴体に装着して使います。
これをペットではなく、子どもに用いるのが迷子紐ということになります。

シンプルな紐とバックルだけの物から、リュックサック型になっているものや、子どもの背中に羽が生えたように見せるものなどがあります。

どうして迷子紐を使う人がいるの?

疑問に思う女性
ヨチヨチ歩きから一人でチョロチョロするようになった子どもと一緒の時には、大人がしっかりと手をつなぐのが常識です。
その一番の理由は、子どもの安全のためです。

小さな子どもは時に素早い動きをして、ちょっと油断をすると一人で駆け出したりしてしまいます。
また、買い物の支払いなどでママが手をつないでいられないこともあります。
「離れないでね。」と言い聞かせても、小さな子どもは自分の興味のあるものに魅かれて歩き出してしまったりします。
このような時に、紐でママや家族とつながっていると、遠くへ行くことはできません。
この迷子紐の使用については、賛否両論あります。

迷子紐に反対の理由は?

×印を作る女性
一見便利な迷子紐ですが、案外多くの人が、以下のように否定的な意見を持っています。

・まるでペットの散歩のようで、子どもがかわいそうに見える。
・しっかりと手をつないで放さなければ、大丈夫では?
・子どもの行動に目を配って守るのが親として当然だから、紐を使って親がさぼっていると思う。

周りに大人の目があり、交通事情なども今とは違っていた頃に子育てをしていた、比較的年配層からの意見や、ママ一人でも対応できる一人目育児中の家庭からの意見が多いようです。

迷子紐に賛成、活用している理由は?

○印を作る女性
反対意見に対して、迷子紐を否定しない、もしくは以下のように、現に活用しているといった人たちも多くいます。

・子どもと手をつなぐことは前提で、万一のことを考えると、紐でつながっていれば安心。
・2人や3人同時に連れて外出すると、とてもみんなの行動に対応できないことがあるので、飛び出す危険のある子どもに使うと、全員のためにもなる。
・ベビーカーからおろして歩かせたい時に、ママはベビーカーも押すので、紐があれば、子どもが離れずにすむ。
・雑踏の中で万一手が離れると危険だが、ずっと抱っこもできない時には、紐があると安心。

賛成の意見を持つ人は、複数の子どもと外出する機会が多かったり、実際に危ない経験をしたり、紐を使っていたことで、事なきを得たという経験をしていることも多いようです。

使うときに注意することは?

指さしする女性
迷子紐は使い方次第ということのようですが、使う際のポイントはどんなことでしょうか?

安全のために使うのですから、見た目や値段で決めず、品質や使い勝手を確かめてから選ぶようにしましょう。
また、迷子紐は万能ではないということを自覚しておきましょう。

子どもに紐をつないでさえいれば良いのではなく、手をつなぐ、行動を見守るということは大前提です。
荷物のように紐につながれた子どもと、スマホやショッピングに夢中になっているママ、という使い方では子どもの安全面でも心配ですし、親子のコミュニケーションという点でも問題になるのではないでしょうか?

まとめ

育児においても様々な親子の事情、行動理由などがあります。
育児グッズのひとつである迷子紐にまつわる親子や周囲との関わり方を考えて、安全で快適な子育てを目指しましょうね。

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします

キーワード:,