時計は何歳までに?興味を持ったら教え時!保育士さんのアドバイス付き(未就学児)

兄弟
3歳になると、幼稚園の入園などもあり、規則的に日常生活を送るようになります。

出来れば子供に時計を読めるようになって欲しいけど、子供っていつごろから時計を理解できるようになるの?また、いつごろまでに読めるようにしておけばよいの?と思っているお母さんも多いのではないでしょうか?

そこで今回は、「子供と時計」に焦点を当て、考えて行きたいと思います。

時計は何歳までに読めるようになればよい?

時計
一般的に、時計は小学校入学までに読めるようになると良いといわれています。
○時○○分○○秒と完全に読み取ることは小学校に入ってからでも遅くはありませんが、少なくとも1時、2時、3時・・・のような時間の読みだけは、覚えておくと良いでしょう。

時計は何歳から教えたらよい?

女の子
それでは、時計は何歳から教えると良いのでしょうか?

それは、子供が文字や数字に興味も持ち始める3歳頃が良いとされています。

3歳頃になれば「お母さん、今何時?」と自分から興味を持ち、質問してくる日が来るはずですので、子供の興味の成長と合わせて教えてあげると良いでしょう。

しかし、4歳・5歳と進んでも、いつまで経っても子供が興味を持たないようであれば、こちらから時間に興味を持てるよう即してあげるようにしましょう。

例えば、「今日パパ遅い?」と聞かれた際、「時計を見てごらん。短い針が9のところにきたら帰ってくるよ」などと教えてあげると良いでしょう。

また日常的にも、「8時になったら寝ようね」などと時間を口にしてあげるようにしましょう。

時計を題材にした教材のすすめ

数字
絵本の中には、時計を題材にしたものが幾つかあります。

まだ時計を読めないとしても、読んであげることで興味が湧くかもしれません。また、時計を読めるようになるには数字を学ぶ必要もあります。

お風呂に入る際、1から10までを数える。おやつをあげるときに「何個欲しい?」と聞くなど、日常的に数字に触れさせてあげることが大切です。

また、数字が読めるようになれば、子供も時計に興味が持つともいえるでしょう。

保育士さんのアドバイス

時計

時計は年中さんになったら少しずつ行っています。

まずは子供がわかりやすく興味を持てるように9時12時15時18時を遊びの中に取り入れ時計や数字に親しみを持たせます

後半からは「長い針が『3』になるまでにお片付けしよう。」など数字で知らせるようにしています。

まとめ

以上のように「子供に時計を教える」方法について解説しましたがいかがでしたでしょうか?

子供は3歳頃になると、今まで以上に色々なものに興味を持ち始めます。その興味を上手に汲み取ってあげて教育の場としてあげると良いでしょう。

また、子供が興味を持たないことでも、親が折に触れることにより興味を仕向けることも出来ます。

是非日常生活の中で取り入れてあげるようにしましょう。

点線

▼こちらの記事もおすすめ
※ストーリーで自然に数字に親しめる絵本★6選

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします