どうしてこんなに寝相が悪いの?子供の寝相の悪さの原因は?

お昼寝中の赤ちゃん
子供はなぜか寝相が悪く、ふとんをかけてもかけても気づくとはいでいて、ママは何度も何度もかけ直しますよね。
冬なんか風邪ひかないか心配!子供はなぜこんなにも寝相が悪いのでしょうか。
その原因についてご紹介致します。

成長ホルモンがいっぱいでているから

若葉
成長ホルモンという成長に大事なホルモンは子供も大人も睡眠中にでているのです。
そして大人よりも子供の方が、この成長ホルモンはいっぱいでるのですよね。
年をとるとこの成長ホルモンの分泌は少なくなっていきます。
ふとんに入って眠くなると体の体温が下がっているので深部からの放熱によって、体の表面は体温が上がり、暑く感じます。
更に成長ホルモンがでていると体温は上がりやすいのでよけいに暑いので、布団をけっとばしてしまうのです。
そして涼しいところを無造作にさがしてごろごろしているのです。

眠りのサイクルのせい

サイクル
人は浅い眠りと深い眠りとが交互に寝ている間に繰り返されます。
浅い眠りは体は休んでいるが脳は活発な状態。この時は夢を見やすいです。
深い眠りは脳も体も休んでいる熟睡している状態です。
この眠りのサイクルは大人よりも子供の方が長いのです。
浅い眠りも長くなり、脳が動いているので寝返りを起こしやすく、結果として寝相が悪くなることがあるのです。
寝返りの数が増えるので寝ている場所も動きますね。

元気な子供は寝相が悪い!?

はてなマーク
子供ってどうしてそんなに全速力なの?と思うくらい一生懸命全身全霊で遊びますよね。
そして筋肉も骨も使われます。
体の筋肉をほぐす為にも寝返りは必要ですから、思いっきり遊んでいる子供ほど寝返りも多く、また、骨も日々成長していて寝返りで矯正しているのです。
大人よりも熟睡度が高いので、脳と体を休めているときには体のコントロールもあまりきかず、寝相が悪くなっていても修正されないのです。

我が子の寝相の悪いエピソード

エピソード
寝相の悪い我が子を見て思わず笑っちゃったりする事ありますよね!
今回は、そんな寝相エピソードを聞いてみました!

ある夏の日、朝起きたら息子がいない!
焦って探したら、なんとベットの下に降りて床の上でスヤスヤ寝ていました。

180度回転して寝てるのはほぼ毎日。
よく顔面にキックが飛んできてとても痛いです。

リビングにいると「ゴン!ゴン!」と壁を叩く音がして見に行ったら、
息子がゴロゴロしながら壁にぶつかっているところでした。
何度ぶつかっても起きない・・・。痛くはないのだろうけど・・・・。

点線

子供の寝相が悪い事は、健康な証拠!
むしろ成長に欠かせないものですね。
しかし、キックやパンチが当たらないように小さい兄弟がいる場合は気をつけて寝る場所を考えましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします