「夏はトイレトレーニングに最適!」それはなぜ?夏のトイレトレーニングをスムーズにする方法は?

オムツ
「夏はトイレトレーニングに最適!」と言われていますよね。
この夏、出来ればオムツ外れを目指したいと思っているお母さんも多いのではないでしょうか?

しかし、何で夏はトイレトレーニングに最適なのでしょう?
今回は、「夏のトイレトレーニング」のメリットと、トイレトレーニングのやり方について解説したいと思います。

夏のトイレトレーニングのメリット

メリット

物が良く乾く

トイレトレーニング中というのは、よくお漏らしをします。
お漏らしをするということは、パンツ、ズボン、靴下、タオルなどの洗濯物が余計に出ると言うこと。
しかし夏であれば、洗濯物が良く乾くため、お母さんの負担が少なくすみます。
また、冬服に比べ夏服のほうが薄く、ズボンなども短いため、洗濯容量も減らすことが出来ます。

裸でいても風邪を引かない

お漏らしをしてしまい、着替えをさせるまで、子供はお尻丸出しの状態で待っていなくてはいけません。
また、酷いお漏らしの場合は、お風呂に入れる必要があることもあります。
しかし夏であれば、お尻丸出しでも風邪を引くことはありません。
また、お風呂に入れたからといって、湯冷めすることもないでしょう。
中には、「トイレトレーニング中はパンツ一枚ですごさせる」というトイレトレーニング方法をとるお母さんもいるほど。
夏は、風邪の面でも、トイレとレーニングに適していると言えるでしょう。

みんなで頑張れる

上記の理由から、夏にトイレトレーニングを開始する友達が多いのもメリットの一つ。
保育園や幼稚園に行くと、徐々にパンツ人口が増え始めるため、「僕も私も頑張らなくちゃ」と子ども自身が思うようになります。
イレトレーニングには、まず子供のやる気を引き出すことが大切。
そのため、みんなが頑張っている時期を選ぶことは、トイレトレーニング成功のコツと言えるでしょう。

トイレトレーニングの方法

トイレトレーニング
それでは、実際にトイレトレーニングとはどのように始めればよいのでしょうか?

子供の状態を見極める

夏はトイレトレーニングの季節といっても、排泄は身体の成長に大きく関わりがあります。
頑張れ!頑張れ!といっても、子供自身の身体の準備が整っていなければ、どうしようもありません。
そのためまずは、子供の状態を見極めることが大切。

・排尿感覚がきちんとあるか?
・トイレの感覚が徐々に延び、膀胱にある程度溜められるようになっているか?

を確認するようにしましょう。
子供がおしっこの際、もじもじとしたり、うんちの際にカーテンの後ろへ走る。
などの行動を起こしているようであれば問題はありません。

少しずつ「あれ?うんち?トイレ行ってみる?」「あ、おしっこ出た?」などと声をかけ、意識を高めてあげましょう。

子供のやる気を引き出す!

ママが「頑張れ!頑張れ!」といっていても、子供のやる気がなければ仕方がありません。
子供の「排泄」への意識が高まったら、次は「トイレで排泄する」ということに関心を向ける必要があります。

テレビ番組で、子供がおしっこをしている場面を見せる。またはトイレトレーニング用の絵本を読み聞かせる。
など、「おしっことうんちは“トイレ”でするもの」だと理解させるのも一つの方法です。
また、親自身も「あ、おしっこ!トイレ行ってくるね!」などとアピールし、子供の意識を煽ってあげるように工夫しましょう。

頻繁にトイレを即す

子供のやる気を引き出したら、次は実践です。
15 分に一回位のペースで、「トイレ行く?」などと声をかけてあげると良いでしょう。
そして、“たまたま”トイレでおしっこが上手に出来たら、「すごーい!!!!お兄ちゃんだね!!!」などと大げさに褒めてあげると良いでしょう。
また、ここでよく使われるのが「トイレトレーニング」シール。
子供がトイレでおしっこやうんちが出来たら、シールを貼る。などし、子供が楽しんでトイレトレーニングを出来るよう、工夫することが大切です。

パンツにする

徐々にトイレでの排泄が成功し始めたら、パンツに変えて行きましょう。
最初はもちろん失敗が付き物ですが、決して怒ってはいけません。
子供は「あ、おしっこ」と思ったとき、すぐには動けない生き物。
おしっこを溜めておく膀胱も小さいため、我慢できずお漏らしをしてしまうのは当たり前のことなのです。
「よし!次頑張ろう!」と応援し、「次は、もうちょっと早くトイレに行ってみようね」と諭してあげると良いでしょう。

まとめ

以上のように夏のトイレトレーニングのメリットと、トイレトレーニング方法について解説しましたが、いかがでしたでしょうか?

前述の通り、トイレでおしっこをするというのは、子供にとっては一大事です。
1日でトイレトレーニングを完了してしまう子もいれば、何ヶ月も掛かる子もいるでしょう。
子供には子供のペースがありますので、親はゆっくりと見守ってあげることが大切です。

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします