夏場は特にご用心!赤ちゃんや子どものとびひ。予防策は?

とびひ
赤ちゃんや小さな子どもの肌トラブルで多く見られるものに「とびひ」があります。
正式名称は「伝染性膿痂疹」と言いますが、瞬く間に広がる飛び火のような症状から「とびひ」と呼ばれます。
どんな症状が出るのか、どう対処したり予防はできるのかなどを知っておきましょう。

とびひとは?

はてなマーク
主な症状としては、肌が赤く腫れて水膨れになり、膿疱になってから皮がむけてかさぶたができます。
皮膚の強いかゆみや痛みを伴います。
黄色ブドウ球菌の感染や溶連菌が原因で発症します。
溶連菌の場合は発熱やリンパの腫れが見られることもあります。
とびひは接触感染で、年齢に関係せず発症しますが、多くは乳幼児に見られます。

とびひになった子どもの様子とケアについて

泣く
とびひは皮膚の強いかゆみが特徴ですから、赤ちゃんや小さな子どもは我慢できずに掻き壊してしまいます。
掻き壊すとそこから菌が出て他の部位や人へ移ってしまいますので、自分で掻いてしまわないように気を付けましょう。
子どもの爪は短く切り、赤ちゃんの場合は手袋をさせるなどします。
患部は清潔にしてガーゼを当てるなどしますが、通気性の良いものでないと湿気がこもって患部が悪化してしまいますから気を付けましょう。

治療法について

治療
とびひは放置しておくと広がったりして症状が悪化し、なかなか完治しませんから、早めに皮膚科や小児科を受診して治療しましょう。
軽い場合は抗生物質や抗菌の塗り薬を塗り、かゆみ止めを処方されることもあります。
症状が悪化している場合は、塗り薬に加えて抗生物質の飲み薬も処方されますが、この薬はきちんと指示通りに最後まで飲ませるようにします。
表面上良くなったようでも菌が残っていると再発しますので、薬は正しく使いましょう。

夏場は悪化しやすい?

夏場
とびひは夏だけに限る症状ではありませんが、高温で多湿になる夏場は菌が繁殖しやすく、服装も肌を露出していたり虫刺されからとびひを誘発したりしやすいのです。
汗をかいたら清潔にして乾燥させ、虫刺されや感染を防ぐためには長袖の着用も考えましょう。

とびひを悪化させないためには?

ポイント
とびひはその名の通りに広がるのが早いものです。
まずは皮膚の清潔に心がけましょう。
爪は短くし、手洗いをしっかりしたり、汗をかいた体は早めに洗い流します。
怪我や虫刺されを放置するととびひになりやすいので早めに手当てをします。
何といっても早めの発見と治療です。
治療を始めたら完治するまでしっかりと薬を使うようにしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします