新生児訪問を有効活用しよう!聞いておきたい質問事項。

産院で赤ちゃんを産み、自宅に帰り、そこから始まる赤ちゃんとの新生活。

暫く実家で産褥期を過ごす人。里帰りはせずご主人の元に帰る人。どちらにしてもはじめての出産の場合は、何もかもが未体験。赤ちゃんの夜泣き・授乳・沐浴など、一つ一つが分からないことだらけのお母さんもいることでしょう。

そんな時にやってくるのが「新生児訪問」。それは、保健師や助産師など専門職の女性が自宅に来てくれることで、子育てに関した適切なアドバイスをもらう事が出来る無料サービスなのです。

「新生児訪問」は、生後 28 日以内(里帰りの場合は 60 日以内)の新生児を対象に行われており、希望者のみが受けることが出来ますが、特にはじめての子育てをしているお母さんにはとても嬉しい機会。

今回は、この「新生児訪問」の内容と「新生児訪問」を育児に役立てるための“質問のコツ”について解説したいと思います。

新生児訪問とは?

指の笑顔

新生児訪問とは前述の通り、生後 28 日以内(里帰りの場合は 60 日以内)の新生児を対象に行う、行政の育児支援サービスを指します。

助産師さんや保育士さんが自宅まで来てくれ、育児方法のアドバイスや、赤ちゃんの成長具合のチェックが行われます。

「新生児訪問」の日程は、赤ちゃんが生まれた時点で提出する“出生届”を元に役場からの連絡が入り、その電話の内容で決められます。

新生児訪問では何をするの?

それでは「新生児訪問」では、実際に何をするのでしょうか?主なチェック項目は以下の通りです。

  • 赤ちゃんの身長・体重の測定
  • お母さんのメンタルチェック(産後うつになっていないか)
  • 育児環境の把握(相談できる人はいるのかなど)
  • 母乳の出具合の把握、母乳指導
  • 行政の育児支援の紹介
  • 育児指導

新生児訪問で聞きたいこと

助産院での母親教室に出席しても、たくさんの育児書を読んでいても、その通りには行かないのが子育て。

子供一人一人に個性があるため、夜泣きの理由も対処法も人それぞれに異なり、なかなか上手くいかずに困り果ててしまっているお母さんも多いのではないでしょうか?

そのため「新生児訪問」では、是非個別に聞きたい育児方法についてアドバイスを貰うことをおススメします。

1. 授乳方法

ミルクを飲む赤ちゃん

授乳の方法については、おっぱいの形や乳首の形によってもやり方が代わってきます。そのため、是非「新生児訪問」では、授乳方法について指導を受けることをおススメします。

実際「赤ちゃんがおっぱいを飲んでくれない」と悩んでいるお母さんはたくさんいます。助産院では飲んでくれていたのに、自宅に帰ったら飲んでくれなくなった。おっぱいがちゃんと出ていないのか、飲んでもまたすぐに欲しがる。そういった悩みはどんなお母さんでも持っています。

「新生児訪問」の良いところは、助産師さんや保育士さんが、実際にお母さんと赤ちゃんの様子を見て、アドバイスをくれるところです。遠慮せずに授乳の悩みを相談してみると良いでしょう。

2. 沐浴方法

自宅の環境によって沐浴方法も大きく異なります。ベビーバスを利用する人。お風呂に一緒に入る人。時には育児書にはない方法で沐浴をしなくてはいけないこともあるでしょう。

是非自宅の環境を見た上で、助産師さんや保育士さんにアドバイスを貰ってはいかがでしょうか?

3. 心の悩み

前項の通り、「新生児訪問」ではお母さんのメンタルチェックも行います。

実際、楽しみにしていた赤ちゃんの誕生だったのに、生まれてみたら途方にくれることばかりで育児を楽しむことが出来ない。と言うお母さんは何人もいます。特に周りに親戚がいなかったり、友達がいなかったりと、孤独な環境で育児をしている人にとっては、心の悩みを打ち明ける機会は少ないでしょう。

是非、この機会に子育ての不安を話してみてはいかがでしょうか?

行政には子育て支援のサービスが幾つもあります。時にはそれらを利用することで、育児の助けになることもあります。是非利用すると良いでしょう。

まとめ

以上の通り、「新生児訪問」の内容と、質問すると良い事柄について解説しました。訪問してくれる担当者は同じ地域のお母さんたちを何人も見てきていますから「他の人はどうしてるんだろう?」と思うようなことも聞いてみるといいですよ。

初めての育児は楽しいことも多いけれど、やはり大変なことの方が多いと言えるでしょう。育児を楽しむコツは、悩みを溜め込まないこと

是非「新生児訪問」を有効活用していただきたいと思います。

関連ワード:

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします