赤ちゃんの水分補給にミネラルウォーターは大丈夫?

ミネラルウォーター赤ち赤ゃんのお世話で気になるものに、水分補給があります。
足りないと良くないし、あげすぎてもお腹を壊すかも?など心配事も多いもの。
どのように赤ちゃんの水分補給をすれば良いのでしょうか?

新生児は授乳で水分補給

新生児
生まれてすぐの赤ちゃんは、とにかくおっぱいやミルクです。たっぷりの栄養と共に水分も豊富ですから、赤ちゃんの水分補給は授乳でまかなえます。

ただし、赤ちゃんがおっぱいやミルクをあまり飲めていないと水分不足になりますから、少量のお水をあげることもあります。

ですが赤ちゃんの体の機能が未発達で、水をうまく消化吸収できるようになるのは、生後3ヶ月以降と言われていますので、基本的には授乳での水分補給で充分です。

お水をあげる際の注意点

そろそろ赤ちゃんにお水をあげるようになったら、どんなことに気を付けると良いでしょう。

日本の水道水は衛生面では問題がありませんが、赤ちゃんには塩素などが刺激になりますから、一度沸かして冷ました白湯をあげるようにします。

飲ませる温度は、熱いものはもちろんいけませんが、冷たすぎるお水も胃腸を刺激してお腹を壊したり、体重の軽い赤ちゃんは取り込む水分で体温が下がりすぎることもあるので気を付けましょう。

また、水分を取りすぎると授乳の量にも影響するので、あまりたくさんあげないようにします。時には赤ちゃんの体温が高い場合などに、少し冷たいお水をあげるのは良いでしょう。

ミネラルウォーターをあげる時の注意点

ミネラルウォーター

水道水よりも美味しくてミネラル豊富だからと、大人は積極的に飲むことも多いミネラルウォーターですが、赤ちゃんにあげても大丈夫なのでしょうか?

ミネラルウォーターといっても種類がいろいろとあります。含まれるミネラルの量によって「硬水」や「軟水」などに分かれます。

硬水はミネラル分が豊富なのですが、そのために胃腸などへの刺激にもなります。

軟水は日本人の体に馴染みやすいお水で、赤ちゃんへの刺激も少ないので、軟水の温度に注意してあげると良いでしょう。

ミルク

赤ちゃんの負担にならない純水とは

水道水やミネラルウォーターには有効な成分と共に、いわば不純物も含まれています。

これに対して「純水」や「ピュアウォーター」と呼ばれるお水は、ろ過することによって、雑菌や塩素、ミネラルなどを除去していますから、赤ちゃんへの体の負担も取り除かれます。ミルクの味にも影響しませんから、こだわりママの調乳にはお勧めです。

このように、水と言ってもその中身には違いがあり、赤ちゃんの体への負担も違ってきます。
まずは授乳で水分補給と考え、それから水の種類や影響に留意しながら、赤ちゃんに合ったものをあげるようにしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします