「おやつを極力あげない!」を選択肢に入れてみませんか?

離乳食が進んでくると、厚生労働省の指導ではおやつをあげることになっています。
でも、ご自分のお子さんの成長度合いを見てみてください。
小さめさんでごはんと母乳・ミルクではなかなか成長に伸び悩んでいる人ならおやつは栄養補給として必要かもしれません。
でも、三度の食事でおかわりするほどもりもり食べてぷくぷくになっているなら
子どもがぐずってどうしてもやり過ごさなければならないとき以外はそれほど必要ないのかもしれません。
そこで、おやつを極力あげずリズムよく生活するコツについてご紹介したいと思います。

1.不要なおやつの回数を減らして虫歯予防
1997_1
おやつは大人にとっても1日の楽しみのひとつですが、果たして毎日三食しっかりもりもり食べていて特に子どもから「お腹がすいた!何か食べたい!」とせがまれなかったとします。
成長曲線を大きく逸脱しているわけでもありません。そのときあなたはお子さんにおやつは栄養源として必要と考えますか?
必要だと思う方もいらっしゃるかもしれません。でも、不要なおやつをなくすことで虫歯予防になるのです。大人と同じで食事と食事の間をあけることで、口腔内が唾液で消毒され歯垢がつきにくくなり虫歯リスクを減らすことにつながるのです。
もし、子どもが泣け叫んでしょうがないという状況にまだ至ってなければおやつは必要なときに、と変えてみるのもいいかもしれません。

2. おやつの質を工夫して虫歯リスク減少
1997
おやつの頻度を減らすことが虫歯予防につながるとご紹介しましたが、さらに効果的な方法があります。おやつの質を見直すことです。
虫歯の原因となるのは食べカスなどが主ですが、それを導く食べ物は砂糖を多く含むものです。
あめ、チョコレート、クッキーなど大人でも虫歯になりそうなのは間違いありません。砂糖を多く含み、口の中に残りやすい。これが虫歯菌がはびこりやすい口内環境を作り出す大きな原因なのです。
そこでお勧めのおやつですが、スティック野菜やほしいも、ドライフルーツ。
ほしいもやドライフルーツは歯にくっつきそうな感じがしますが、砂糖は不使用であるためつよい甘みを求める子どもにはうってつけ
。理想的なのはスティック野菜。良質のおいしい野菜を生で取り入れることで、おなかの中の酵素のはたらきを活発にしてくれます。

3.生活リズムにメリハリをつけておかしがなくたってごきげん!
1997_3
おやつの時間ありきの毎日にしていると、ときどきおやつを与えすぎてしまって晩ごはんを食べなくなってしまい、その結果就寝時間もずれてしまうということがあると思います。
お昼寝をまだする0歳~2歳後半ぐらいまでは、子どもによってはおやつの時間を入れること自体が難しいときもあるかもしれません。
そんなときは思い切っておやつをなしにしてみましょう!
もし、お昼寝から起きて手持無沙汰そうにしていたら外へ散歩にでかけたり、ママの買い物に付き合ってもらったりしてみるとうまく時間がつぶせますし、新しい経験を子どもにさせてやることもできます。
さらには、ママのおやつもスキップできてダイエット効果も…なんてことになるかもしれませんよ。

いかがでしたか?おやつは確かに私たち親にとっても心の栄養。でも、あくまでも私たちの体は私たちの食べたものでできています。質を見直したり、本当に必要なのかを見直してみるとまた違った子どもとの楽しい時間を過ごすことができるかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします