「後追い」絶頂期のハイハイレース。あわよくば優勝!?他、後追い体験談

ハイハイレース

後追いといえば、トイレに行くにもついてきて、ちょっとでも顔が見えないと泣き叫ぶなど、悩まされるママも多いものです。

以前、「後追い」時期の赤ちゃんと毎日ハッピーに過ごす方法をご紹介しました。

今回は「後追い」絶頂期のハイハイレースに出場したママほか、けなげなベビーちゃんたちとトイレすら行けないママたちの後追い期エピソードをご紹介します。

高速移動の「後追い」で、コンロの火や包丁にヒヤヒヤ

赤ちゃん

当時9ヶ月の娘。引越しだばかりの自宅は昔ながらの作りで、台所とリビング、洗面所がすぐに行き来出来てしまいます。広々としてるのですが、後追いの時期には非常に不便な間取りでした。

私が洗面所に行けば、高速ハイハイで追いかけ、気づけば足元にしがみついて、ニッコリ。洗面所には洗剤や漂白剤など危険なものが棚にあるので、すぐさま移動しました。

何でも興味をもつ時期なので目を離せず、トイレのドアも開けたままでした。

驚いたのは、トイレの中まで追ってきた時です。流石に外で待ってもらいましたが…

何より、台所まで後追いするので、コンロの火を使い終わるとすぐロックをかけていました。

移動する場所に高速でついてくるので、火や包丁には気を配っていました。

今でも後追いはしてくるので、娘がお昼寝しているうちに家事を済ませるようにしています。

「後追い」絶頂期のハイハイレース。あわよくば優勝!?

赤ちゃん
9ヵ月頃、ハイハイでいつもついてきてくれていた我が子。

ついてきてくれていたと思うときも多いですが、ついてこられて困ると思うことももちろん多々ありましたが…。

そんな後追い絶頂期に、たまたまハイハイレースに出場する機会がありました。ママが一緒にコースに入り先導して良いので、いつも通りついてきてくれればゴールは容易、あわよくば優勝も!?と思っていたのですが…。

そんな時に限って、ママではなく、観衆に愛想をふりまきふりまき(笑)なんとかゴールはしましたが、最下位でした(笑)。その後家ではまた後追いがひどく…あの時だけなぜ!?の良い思い出です。

後追いでママが困るのはやっぱりトイレ?

赤ちゃん

息子は現在2歳です。

9ヶ月頃~1歳過ぎまで、どこでもついてきて大変でした…!

洗濯は(本来は微妙ですが)寝る前(夜中)に干して翌日夜主人が帰宅してから取り込む、と割り切って、炊事はまぁまぁキッチンのフェンス越しに構ったりできたので良かったのですが、問題はトイレ…。

ハイハイでトイレに入ってこられるのが、なんだか汚い気がして私も神経質になってしまい、トイレはとりあえず我慢をし…おなかの調子も狂いやすくなってしまいました…。

今思うと、バンボなど固定して座らせておけるグッズがあればよかったなと思います。

後追いも兄弟で違う?

赤ちゃん

長男は後追いがなく、コッチが寂しくなるほどでした。

次男は全くの逆で現在2歳6ヶ月未だに後追いします。

トイレは必ず付いてきます。そしてトイレットペーパーをちぎって「こうやって、こうやってふくのよ?わかった?」と紙を渡してくれますよ…。自分の好みの長さで切りたいのに…。

とにかく私が見えないとダメな次男…。

1歳5ヶ月よちよち歩きも様になってきた頃、次男がテレビに夢中になってる隙に別室へ行き服を着替えてました。

私がいないことに気づいた次男…「ままー!」とまずトイレ。いない…寝室…いない…。次男パニック廊下でよだれダラダラで、大泣き&膝から崩れ落ちうつ伏せでジタバタ。

私はそっと近づいてましたが、気付かず「まっまー!まっまー!」と…。

で「おい!ママはココだぞ」と言うとビクッとしちょっと恥ずかしそうにそして別に驚いてないけど?的な顔をして「おった」と…ニッコリ笑ってました。

2歳を過ぎても後追いが…早く解放されたいママ

赤ちゃん

我が家の長女はハイハイをするころから後追いがひどくなり、ちょっと体の向きを変えただけでもギャー?っと大泣き。

日中は二人でべったり、すぐそばにケータイやリモコンをすべて置いて、出来るだけ身体を離すことなく、気付かれないように忍者のようにそーっと静かに動いていました。

次女はアッサリ派で楽だな?と思っていたのですが・・いまだにべったりな長女を見て気が付いたのか、2歳を過ぎた今になって後追いがひどくなりました・・・。

しっかり行先を伝えてから動くことも試しましたが、わが子には逆効果でした・・そんなわけで二人の姉妹相手に忍者のような生活を続けています。大好きでいてくれるのは嬉しいけど、そろそろ抱っこは重すぎるし早く解放されたい!


 
▼こちらの記事もおすすめ
※トイレの中まで一緒!?ママを困らせる後追いの対処法
※赤ちゃんの後追い、いつまで続く?後追い時期はママにとってのご褒美タイムと思えばストレス減!

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします