特別なものはいらない!家にある物を使って暑さ対策!

2147

もうすぐ暑い暑い夏がやってきますね。

真夏の悩みといえば暑さ&汗対策。
真夏はベビーカー、チャイルドシート、ベッド、と、本当に赤ちゃんの接点全てが汗で濡れてしまうほど!
抱っこ紐だってお互いに汗でべとべと。

ママは日々赤ちゃんの温度調節に頭を悩ませるのではないでしょうか?
今回は、真夏の暑さに負けない!家にあるものを使ってできる暑さ対策についてご紹介したいと思います。
モットーは、とにかく使える物は全て使え!です。
是非参考にしてみてくださいね。

ガーゼをフル活用!

2147_2
まずはガーゼ。ガーゼを赤ちゃんの背中と洋服の間に挟む。
ガーゼが全て汗を吸ってくれるので、あとはガーゼのみを交換するだけになります。
ガーゼはサラッとしているので汗をかいた洋服が張り付くこともなく、それだけでも赤ちゃんの不快感は違うと思います。
あせも対策にもガーゼはもってこいです。抱っこ紐だって赤ちゃんのお腹に入れておくとママとの間の汗を吸ってくれます。

保冷剤で熱中症対策!

2147_3
特にカチカチに固まらない、冷えても柔らかい保冷剤がオススメです。
私はベビーカー、チャイルドシート、抱っこ紐だって全てに使います。
ただ、冷えすぎる可能性があるので、くれぐれも長時間使ったりはやめた方が良いと思います。
私は冷えすぎを防ぐ為に、タオルで何重かに巻き、頭の部分に置いています。
寝苦しい夜は、頭や首に汗が凄いので保冷枕を使います。これだけで快適に熟睡しています。
エアコンを使うには少し早いかな?という時期にオススメです。
ドラッグストアで発熱用と安眠用との両面使いの枕が売っているので大変便利ですよ。

クール枕カバー

2147_4
大人用のクール枕カバー。枕カバーのサイズは赤ちゃんの大きさから考えてちょうど良かったりします。
それをシーツがわりに赤ちゃんの下に敷いてあげれば少し涼しいかと思います。
毎日洗濯が出来る綿の生地がオススメです。汗も吸ってくれるので、一石二鳥です。

エアコンの除湿機能

2147_5
寝室を寝る一時間前からかけておくと寝る時には良い具合の涼しさになっていて快適です。
エアコンを使うと風邪を引かないか心配なので、まず私は除湿機能をうまく利用して様子をみます。
赤ちゃんは眠りに入る時に汗を凄くかくので、除湿機能で部屋が涼しいと安眠出来るのではないでしょうか?
ちなみに私は除湿機能で部屋をある程度涼しくして、そのあとは保冷枕を使用し、寝苦しい夜をやり過ごしています。

通気性のイイ服装を!

2147_6
次は服装です。私はユニクロのメッシュインナーを着させています。
目の詰まった生地の洋服より、メッシュで少しでも通気性が良い方が涼しいですしね!
エアコンがきいている場合は、その上からカーディガンや薄手のパーカーを着せて冷えすぎないように気を付けましょう!

赤ちゃんは大人よりも体温が高く、汗っかき。
ママも試行錯誤ですよね。でも便利な物が沢山あります。使えるものをフル活用して夏の暑さを乗り切っていきましょう!

関連ワード:

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします