寒い冬!赤ちゃんとスムーズにお風呂に入る方法は!?

赤ちゃんのお風呂

こんにちは!子ある日和編集部のサリーです。

赤ちゃんをお母さん一人でお風呂に入れるのは大変!
特に生後1か月~お座りができるようになるまでの赤ちゃんをお風呂に入れるのは一苦労ですよね。

人間の体というのは一度水分がかかると、その水分が気化してしまうのでどんどんと体温が下がっていってしまうのはご存じでしょうか?
なので、冬場は特にお風呂から上がってそのままでいる時間をいかに短くするかというのが湯冷めをさせないポイントになってきます。

今日はどうすればママが一人で寒い冬の間、スムーズに赤ちゃんを入浴させられるかをご紹介してみたいと思います。

1.お風呂、脱衣所、着替えさせる場所を事前に暖かくしておく

寒い冬の季節は、これは必須事項!赤ちゃんに風邪をひかせたくなかったら絶対にやるべきです!
ちなみに、お風呂の洗い場は、お風呂を沸かす時にあらかじめ壁に熱いシャワーをかけ、暖かくしておくのがベスト。

とにかく、赤ちゃんをスムーズにお風呂に入れるには事前準備が肝!
裸になってしまっってからあたふたするよりあらかじめ準備をしておきましょう!

事前の準備内容としては以下です。

  • お風呂、脱衣所、着替えさせる場所を事前に暖かくしておく
  • 着替、おむつ、赤ちゃん用のクリームや綿棒、湯冷ましや麦茶などを準備しておく
  • 肌着と部屋着を重ねておく

お風呂に入る前に用意することはたくさんあるけど、これさえ準備しておけばお風呂上りのお世話がスムーズにできますよ!

事前準備ができたらイザ入浴!
赤ちゃんは、脱衣所にバウンサーやバスタオルを敷いた所に寝かしておきます。
ちなみに私は、バスタオルの下に発泡スチロールのマットを敷いておきました。マットを敷くと床からの冬の冷気も防げるのでおススメです。

2.お母さんが体を洗うときはドアを開けておく

さて、いざ入浴です。ママは先にお風呂に入り、体や髪の毛を洗います。赤ちゃんが泣かないうちにささっと洗います。私は毎回自分の中のフルスピードで洗っていました。(ちゃんと洗えてたか心配。。。笑)

その際は脱衣所が見えるようにドアは開けて、なるべく赤ちゃんが不安がらないように声をかけたり、歌を歌ったりしながらママがそばにいることをアピールするとイイですよ!

3.赤ちゃんと入浴

ママのお風呂が一通り終わったら、赤ちゃんをお風呂に入れます。

38度~40度のシャワーのお湯をかけて赤ちゃんをお湯に慣らせてから顔や体を洗います。
4,5ヶ月くらいの赤ちゃんは抵抗力が弱いので、浴槽のお湯で顔や体を洗ってはいけませんよ!

赤ちゃんを太ももの上に縦向きでおいて、片手で首と頭を支え、もう片方の手で体を洗うという方法が私は一番楽でした。
石鹸をつけるとツルツル滑るので、太ももの上にタオルをしくとすべらないのでおススメです。

洗う順番は、オススメなのは顔→頭→体の順。
赤ちゃんの皮膚は新陳代謝が高く汚れや皮脂もたまりやすいので、石鹸をモコモコに泡立てて優しく洗ってあげるのが良いのだそうです。

顔も目に泡が入らないようにしっかり石鹸で洗ってあげてくださいね。

赤ちゃんを洗い終わったら、湯船に一緒につかります。
赤ちゃんがのぼせないようぬるめの38度~40度のお湯で2~3分程度が丁度いいようです。
入浴は体力を使うので、最初から最後までの入浴時間は15分くらいを目安にすることをおすすめします。

4.入浴後

お風呂から上がったら、赤ちゃんはバスタオルにくるんで、お母さんはバスタオルなどを巻き、暖かい部屋に行きます。
そして、以下の手順で赤ちゃんのお世話をします。

  • バスタオルで赤ちゃんの体の水分を十分に拭いておむつをつける
  • 体や顔にクリームを塗る(乾燥を防ぐため)
  • 赤ちゃんの汗がひいたのを確認してから着替えさせる
  • 湯冷ましなどを飲ませます。※母乳やミルクでも構いません

最後にお母さんが着替えをして終わりです。

新生児の時期から利用出来る柔らかいお風呂用いすや、浮き輪、クッションマットなどのお風呂補助グッズなどを使ってみるのもオススメです。
首や腰がすわっていない赤ちゃんをお風呂に入れるのは一苦労だけど、そんな時期も一瞬!寒い冬でも赤ちゃんとの入浴をスムーズに楽しく行ってみて下さいね。


この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします