みんなはどうしてるの?チャイルドシートを嫌がって大変な時

赤ちゃんと一緒に車でお出かけするとき、ベビーシートやチャイルドシートを嫌がって大変という話はよく耳にしますね。

赤ちゃんの安全のことを考えたら絶対にベビーシートやチャイルドシートに乗せてしっかりとシートベルトをしないといけないというのは分かっていても、車に乗せるたびにギャン泣きされたら、ママのほうが泣きたくなりますね。
 
今日はチャイルドシートに乗せてもイヤがらないようになったよ!というママのお話をご紹介したいと思います。

チャイルドシートに慣れてもらう

チャイルドシート

わが家の子供たちも最初のころは、チャイルドシートに乗せるたびにご近所に響き渡るほどの大声で泣いて嫌がっていました。

それで、ベビーシートに慣れていないからかな。と思い、チャイルドシートを家の中に入れて、機嫌のよい時に一緒に遊びながらチャイルドシートに座らせ、絵本を読んだり赤ちゃんマッサージをしたり、いろいろ親子でコミュニケーションをとるようにしました。

すると、チャイルドシートに乗っても楽しい、安心できる、ということがわかったようで、室内から車にシートを移動させ、車を使うときに乗せても全く嫌がらないようなったんです!

クラままさん

車に乗る時だけに使うチャイルドシート。寝心地や座り心地、そしてベルトで絞めつけられるという「慣れない」経験に赤ちゃんも自然と拒否反応が出てしまっていたのですね!

このように普段から自宅で慣れさせておいて、車の中でチャイルドシートに座ることが『特別ではない』とわかってもらうことが効果的です!

赤ちゃん・子供の不安感を払しょくしてあげる

チャイルドシート

子供をチャイルドシートに乗せると、体を締め付けられるし、視界が悪くて側に誰がいるのか分からず、不安になるようです

チャイルドシートの横に誰かが座る場合は、子供に話しかけたり、覗き込んだりして、「一人じゃないよ。ここにいるよ」と安心させてあげていました。

もし、運転手と子供1人しかいない時は、子供が安心するまで話しかけてあげるといいと思います。

ゆっぴさん

赤ちゃんも、不安を感じているようですね。ママやパパが顔を見せて安心させてあげることが重要なようです。

おもちゃや絵本、DVDなどで気を紛らわしてあげる

チャイルドシートの場合は、車のアシストグリップに吊り下げられる人形の玩具を付けると、自分からチャイルドシートに嫌がらずに乗って遊んでいます。

ゆんゆんさん

小さい頃はなるべく自分一人で運転して出かけることは避けました。

自分一人で出かける際は、ちょこちょこコンビニなどに停止して機嫌を戻して移動したり、とにかく絵本でもおもちゃでもお菓子でもこどもの好きなものを常備していました。

うーるさん

泣いてもわめいても、無理矢理にでも乗せてしまいます。チャイルドシートに乗っている間中、泣いてるときもあります。

しかし、乗り終えたときに、これでもかというくらい、褒めてあげます。すると、子供は覚えているので、嫌がる回数や泣く回数がかなり減ります。

それと、嫌がらずにチャイルドシートに乗ったらDVDを見せてあげます

嫌がった日はどんなにお願いされても見せません。徹底すると、子供も理解してくれます。

チョコケーキさん

チャイルドシートは何があっても絶対に乗せなくてはならないので、おもちゃで誤魔化したりジュースやお菓子で誤魔化したりした、というみなさん、それぞれに工夫していらっしゃるようですね。

お子さん連れのお出かけには車が大活躍!

車でのお出かけが安全で楽しいものになるといいですね。

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします