魔の3ヶ月?魔の2歳児は聞いたことがあるけれど…

3. 魔の3ヶ月の乗り越え方

赤ちゃん

生活リズムをきちんと整える、夕方の時間帯に赤ちゃんの相手をしてあげるなどの対応しても、どうしても夜泣きや愚図りが治らない時は、以下の対応をおススメします。

① 散歩に出る

赤ちゃんは外の空気が大好き。

気分転換にもなりますので、愚図りが酷いときは思い切って外に出てみると良いでしょう

いつの間にかベビーカーや抱っこ紐の中で寝てしまうかもしれません。

② ドライブに出かける

赤ちゃんの夜泣き対策として一番多いのが「ドライブに出かける」というもの。

何故だか赤ちゃんはドライブが大好き。

車の揺れに揺られながらいつの間にか眠ってしまう子が多いようです。

お母さんとお父さんと3人で出かけ、子供を寝かしつけながら、つかの間のデートを楽しむのも良い対策かも知れません。

③ お風呂に入れる

お風呂が好きな赤ちゃんの場合、泣いたらお風呂に入れる。というのも良い方法。

入浴でたくさん汗をかくため、母乳やミルクをたっぷり飲み、ゆったりとした気持ちで寝てくれるようになるでしょう。

4. まとめ

以上のように魔の3ケ月について解説させていただきましたが如何でしたでしょうか?

子育てをしているときは、今目の前にある大変さばかりが目に付くものですが、「喉もと過ぎれば熱さを忘れる」と言う言葉の通り、時期が過ぎてしまえば大したことではないことが殆どです。

魔の3カ月とは言いますが、赤ちゃんの生後3カ月の時期は一生で一度の宝物。是非可愛い笑顔を思い出し、乗り切っていただきたいと思います。

▼こちらの記事もおすすめ
ママも困惑!泣いてる理由がわからない「黄昏泣き」みんなはどうしているの?|子ある日和
【生後3ヶ月の赤ちゃん】体重は?身長は?成長目安&お世話のポイント!|子ある日和

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします