なかなか寝てくれない!そんな時の赤ちゃんの寝かしつけ

1.お部屋の環境を整える
3112_1
お部屋の明かり、温度は適切でしょうか?
赤ちゃんは思っているよりとてもナイーブ。
赤ちゃんの目線でみてあげましょう。
お部屋の明かりは本来ならば消灯したほうがよいです。
しかし、夜間授乳などもある場合、小さな明かりでも良いと思います。
温度、湿度はどうでしょうか?赤ちゃんは大人より体温が高めです。
夏場は汗をかいていないか、まめにチェックしてあげましょう。

2.スクワット
3112-2
周りのママ友からも情報の多い、スクワット。
上下の揺れが赤ちゃんには心地よいのかもしれません。
ママにとっては少し辛いですが、かなりの確率で眠りを誘います。
更にはママにはダイエットにも。

3.スリング、抱っこひも
3112-3
これも、周りのママからよく聞きました。
息子は抱っこひもで作業している間、眠ってしまっていた事がよくありました。
ママの心臓の音が伝わりやすいので安心するのかもしれません。
スリングも同様で、ママと密着、適度な揺れが良いのかもしれません。

4.寝かしつけミュージック
3112-4
ネットなどで「赤ちゃん 寝かしつけ」のワードで調べると、意外と色々な曲がでてきます。
オルゴール系なども心地いいです。
私は、自分が好きな癒し系の歌を歌って聞かせていました。
自分がリラックスするのがいいのか、割と落ち着いて寝てくれました。
ママの歌唱力もアップ!

5.タオルぐるぐる巻き
3112-5
おくるみやタオルでくるんであげる方法です。
抱っこしてあげているときはすやすやとしているのに、布団に寝かせると背中スイッチで起きてしまう。
そんな時に有効だと思います。
産まれたばかりの赤ちゃんはまだ、ママのお腹の中の記憶が残っています。
くるっとくるまれて、子宮内の心地よさを思い出すのか、安心して眠りについてくれます。

まだまだ色々と方法はあるかとは思いますが、それぞれのママ、赤ちゃんに合った方法がきっとあると思います。

寝てくれない夜は長く辛いものですが、必ずそんな日が遠い日になります。
めげずに色々な方法を試してみてください。
少しでもママさんの育児の手助けになりますように!

next


▼こちらの記事もおすすめ
ぐっすり眠ってくれるかも?赤ちゃんにおすすめの香りとその使い方!|子ある日和

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします