持て余していませんか?ママと子供のお遊びタイム♪

DR024_L
授乳にオムツ替え、抱っこの無限ループだった新生児期を過ぎると、子供は日々パワーアップ。
出来る事が増え行動範囲も広がり、家の中で静かに過ごすことが難しくなってきます。
おもちゃで散らかり放題の部屋を見て、ふーっと溜め息、一体何をして過ごそうかと時間を持て余すママも多いのではないでしょうか。
そんな時楽しめる子連れでのお出かけ、家での遊びについてご紹介します。

1. オムツ替え・授乳の心配がいらない遊び場は?

乳幼児の遊び場として代表的なのが、地域の子育て支援センターや児童館です。オムツ替えや授乳の心配がいらないので初めての外出にはとてもおすすめです。

また、保育士さんや場所によっては看護師さんが常駐していますから、育児の不安など相談することもできます。

月齢の低い赤ちゃんも多く訪れる為、子供にとって刺激的であると同時に、ママ同士の交流の場であり何より息抜きにもなります。

そのほか、無料で利用できるデパートのキッズ広場や有料のキッズパークは、珍しい遊具が豊富で飲食スペースもあり、1日中楽しむことができます。

2お出かけで注意すべきことは?

子供連れの外出は大変? 近年の日本は子連れに厳しいと言われています。

そんな話を耳にして外出が怖くなったり億劫になったママもいるかもしれません。

ベビーカーで突進したり回りを気にせず大声を出す、といった事はもちろんマナー違反ですが、ちょっとしたことに気を配るだけで子連れで公共の場を楽しむことができます。

例えば電車やバスで子供がグズり出した時、一旦電車から降りてホームで一息つくなど時間に余裕を持ち、周りに迷惑をかけていないかその場の状況をよく見ておくことも大切です。

関連記事

こうやって乗り切ろう!電車の中での過ごし方|子ある日和こうやって乗り切ろう!電車の中での過ごし方|子ある日和” />

こうやって乗り切ろう!電車の中での過ごし方|子ある日和こうやって乗り切ろう!電車の中での過ごし方|子ある日和” />

家でできる楽しい遊びは?

家にいるとついテレビやDVDを付けっぱなし、なんていうママも多いかもしれません。

テレビの見過ぎによる子供への悪影響は以前から取り沙汰されています。

子供と会話していないな、あまり顔を合わせていないな、と感じたら家事の手を一旦止めてまずはテレビのスイッチをオフに。

折り紙やお絵描き、工作、粘土、プラレールといったスタンダードなものから、お菓子づくり、お風呂でシャボン玉、新聞紙千切り、お布団の上で大暴れ、野菜ハンコなど、遊び道具は家の中に沢山隠れています。

関連記事

乳幼児期、子供とのスキンシップを思う存分はかれる時期は本当にあっという間です。
頑張りすぎず時にはママの息抜きも忘れず、子供と向き合う時間を大切にしたいですね。

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします