よく出る赤ちゃんのしゃっくりを止めるおすすめ方法3つ

赤ちゃん
うちの子どもは小さい頃、よくしゃっくりをする子でした。
最初のころは「なんてかわいいしゃっくりなんだろう」ととろけそうな気持ちでしゃっくりするのを鑑賞していましたが、何度も起こる上に長く続くので「何か問題があるのかも」と心配になってかかりつけのお医者さんに相談したんです。
すると「体の冷えですね」とのこと。それからたっぷりミルクや母乳を欲しがる子だったので勢いこんで飲むことで「おなかがびっくりして」というのもしゃっくりの原因となると言われました。
かわいいけれどやっぱり止めてあげたい赤ちゃんのしゃっくりで、我が子に有効だった止め方をご紹介します。

1.げっぷをちゃんとさせる

ミルクや母乳のあと、げっぷのさせ方が中途半端だとしゃっくりが確かに起こるので、ちょっとしつこいというくらい背中をとんとんしてあげてげっぷが出るまで続けました。優しくとんとんとリズムを付けて軽くとんとんするだけで十分です。忙しいと適当になってしまいがちですが、しゃっくりが出てしまうことを考えると時間がなくても丁寧にしてあげたいですね。

2.足の裏をくすぐる

げっぷもちゃんと出したのにしゃっくりが出始めたら、足の裏はこしょこしょくすぐるとそちらに意識が集中して気が付けばしゃっくりが止まることも多かったです。小さくて柔らかくてかわいい赤ちゃんのすべすべの足の裏を触っていると、ママもリラックスできて意外な一石二鳥ですよ。うちの子は大喜びでしたが、お友達の赤ちゃんはそれをやるとギャン泣きしてしまったので、赤ちゃんによっては嫌がる子もいるのでちょっとお試ししてみてからのほうが安心です。

3.体を温める&おむつを替える

もう一つの原因である「冷え」を解消します。おくるみでくるんであげたり、抱っこしたり、さすってあげると冷えが改善されて横隔膜の痙攣が抑えられます。うちの子は、レンジでチンするタイプの湯たんぽをおなかのあたりにあてると気持ちよさそうにしてうっとりしているうちにしゃっくりもとまることがおおかったです。
しゃっくりにおむつ?と驚かれるかもしれませんが、たっぷりおしっこを吸ったおむつが体を冷やしている原因になっているかもしれません。そのため、温めると同時におむつをチェックし、ぬれているようならすぐに変えてあげると赤ちゃんもすっきりしますよ。


よく昔から言われるのが、赤ちゃんのしゃっくりには母乳やミルク、白湯などを飲ませるというものですが、うちの子はしゃっくりが出ているときに何かを口に入れるのは嫌がって飲みませんでした。そのため別の方法はないか?といろいろ試してみたのですが、その結果上記の方法でしゃっくりを止めることができました。
赤ちゃんのしゃっくりは大人が思うほどつらいものではないといわれますが、頻繁にしゃっくりが出るのはやっぱり赤ちゃんにとっても負担ですよね。ぜひしゃっくりが出始めたら上記の方法を試してみてくださいね。


▼こちらの記事もおすすめ
頻繁に起こる赤ちゃんのしゃっくり。どうして?いつまで?止め方について。|子ある日和


▼オムツのまとめ買いがお買い得♪ 要チェック!▼

商品名 :パンパース テープ M(6~11kg) 1箱(3パック(240枚入))
販売価格:¥4,406(税込)

関連ワード:

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします