どうする?歯磨きを嫌がる子どもへの対処法

歯磨きから逃げるこどもと追いかけるお母さん
赤ちゃんの乳歯は生後6ヵ月頃から生えてきます。
どちらかの前歯からの事が多いのですが、お口からちらっとのぞく小さな乳歯は本当に可愛いですよね。
でも、乳歯が生えてきたら歯磨きのスタートです。
小さいうちは愚図ったとしてもササッと親が済ませてあげられますが、成長するにつれ、歯磨きを嫌がる子どもへの対応には頭を悩まされますよね。
子どもが歯磨きを嫌がった時におすすめの対処法をいくつか紹介します。

子どもの自主性を尊重する

オーバーリアクションをする女性
子どもが歯磨きを嫌がる原因には親の仕上げ磨きがあります。
自分で歯ブラシを持ってやっているうちは機嫌がいいのに、仕上げ磨きをしようとしたとたんに愚図りだす事がよくあります。
まだ自分では上手に出来ない子どもへの仕上げ磨きは、虫歯予防には必要ですが、まずは歯磨きを習慣付けること、歯磨きを意欲的にすることを優先させましょう。
自分で歯磨きをする姿をしっかり褒めてあげて下さい。
お父さんとお母さんが一緒になって、少しオーバーリアクションくらい喜んであげましょう。
その気分を上げた状態のまま仕上げ磨きに持っていくのです。
それでも嫌がるのであれば、その時は仕上げをパスしても構いません。一日1回、寝る前にしっかり磨けたら良しとしましょう。

毎回歯ブラシの後に簡単なご褒美タイムを設ける

シールを貼る親子
しっかり褒めてあげるプラス、何か子どもに実際にご褒美を用意してあげると、子どもの歯磨きへの意欲が高まります。
毎回、歯ブラシが出来たらシールを一緒に貼ったり、夕食後の歯磨きが出来たら寝る前に好きな絵本を読んであげるなど、親子で一緒に簡単に出来るものが良いでしょう。

歯ブラシはこまめに替え、毎回子どもと一緒に選ぶ

カラフルな歯ブラシ
子どものお気に入りの歯ブラシを使うことも、歯磨きタイムを盛り上げるためには大切です。
また、子どもは歯ブラシをガジガジ噛んですぐにダメにしてしまうので、歯ブラシはこまめに買うようにしてください。
こまめに替えることで、子どもも飽きずに歯磨きを楽しめます。
歯磨き粉は小さいうちは特に使う必要はありませんが、最近は子ども向けの可愛いキャラクターのものや、口にふくみやすい味のものもたくさんあるので、子どもが気に入って使えるようであれば使って下さい。
フッ素入りのものが主流なので、虫歯予防に繋がります。

子どもの歯磨きは、親も仕上げ磨きをしなければならないのでなかなか面倒ですよね。
それで毎回愚図られると更にイライラしてしまいます。歯磨きは虫歯予防だけではなく、基本的生活習慣を身に付ける上でも大切な習慣です。
出来れば楽しく、そして子どもの自主性を大切に進めて行きたいものです。
毎回しっかり出来なくても、習慣付けをしていくことで成長すれば自然に出来るようになります。
あまり神経質にならず気長に進めて行きましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします