【生後1ヶ月の赤ちゃん】体重は?身長は?成長目安&お世話のポイント!

赤ちゃん
生後一か月の赤ちゃんは、体つきもふっくらし、表情も少しずつ出てきます。
オムツ替えや頻繁な授乳で大変だった生活にも慣れ、少しずつですが楽になってくるころですね。

ここでは、生後1ヵ月の赤ちゃんの発育や発達について見ていきたいと思います。

生後1ヶ月の赤ちゃん 体重は?身長は?

メジャー

生後1ヶ月の赤ちゃんの身長体重の目安

男の子: 身長50.9-59.6センチ 体重3.53-5.96キログラム
女の子: 身長50.0-58.4センチ 体重3.39-5.54キログラム

※参照※厚生労働省 乳幼児身体発育調査(pdf)

出生時から1日約30gずつのペースで増えていき、生後1ヵ月頃に大体1000g増えることになります。

ただし、段々と発育にも個人差が出てくるので、小さめの赤ちゃんや大きめの赤ちゃんと差が出てきます。
不安になることもあるかもしれませんが、ミルクや母乳をよく飲み元気に過ごしているなら、あまり神経質にならないようにしましょう。

生後1ヶ月の赤ちゃん 授乳・ミルクの間隔や量は?

母乳を飲む赤ちゃん
生後1ヶ月の赤ちゃんは、口の周りの筋肉が発達して飲む力が強くなり、匂いや触感で乳首を探していた赤ちゃんが視力が付いてきて目で探せるようになります。
授乳の間隔もだんだん定まってきます。
だいたい3~4時間おきに1日7~8回程度になります。
おっぱいの際は目で見て飲んだ量が分からないので、10分~20分欲しがるだけ与えてください。
だらだら1時間くらいかけて飲む子もいますが、あまりにもだらだら飲んでいれば、一度離してみて、少ししてからまだ欲しがるようならもう一度与えてください。

ミルクの場合は、1日だいたい840ml程度で1回100~120mlずつ与えてください。

生後1ヵ月頃の赤ちゃんの生活スタイル・睡眠時間

寝ている赤ちゃん
生後1ヵ月頃の赤ちゃんは徐々に昼間起きている時間が長くなってきます。
だいたい3~4時間おきに寝るようになります。
だんだん夜中の授乳の回数も減ってきます。

まだまだ個人差が大きく、まとめて長く眠る子もいれば、細切れ睡眠の子もいます。
そして、1人で自然に眠る子もいますが、眠くなると必ず泣き出し寝入るのに時間がかかる子もます。
その場合は、横抱きをして寝かしたり添い寝をして寝かして、赤ちゃんが身近に感じることができるようにして落ち着かせましょう。
そして、朝はカーテンをあけて明るくしたり、夜はカーテンを閉めて暗くしたりして、朝と夜の差ができるような環境作りをしてあげることも大切です。

昼間よく寝て、夜長く起きている子もいます。
その場合は、昼間と夜を逆転させることも大事ですが、その前に、お母さんがしっかりと睡眠をとることを優先してください。

生後1ヵ月の赤ちゃんの発達

赤ちゃん
赤ちゃんは産まれて1ヶ月くらい経つ頃になると、発達は著しく、徐々に表情も出てきてくるので、時々ニコッと笑ってお母さんやお父さんを和ませてくれるでしょう。

周囲の様子や物音も分かってくるので、ドアをバタンと閉める音にびっくりして泣いてしまうこともあります。
視力も少しずつ発達するので、お母さんと目が合ったり、動く物を目で追ったりするようになります。

視力や聴力、脳の発達がグングン成長する時期なので、あやしてあげたり話かけてあげたりと、赤ちゃんとしっかりコミュニケーションを取ってあげましょう。

生後1ヵ月頃の赤ちゃ お世話のポイント

外気良くするママと赤ちゃん
少しずつ手足や体の動きが活発になってきます。
ベビーベッドからの転倒や窒息などに十分注意しましょう。

また、動きが活発になるにつれて新陳代謝も良くなり、汗をかきやすくなります。
沐浴剤やベビーバスはそろそろ卒業し、お風呂で石鹸を使ってしっかり洗ってあげましょう。

この頃の赤ちゃんは、環境の変化をある程度は感じる事が出来ます。
天気の良い日はお散歩に出かけ、太陽の光をしっかりと浴びさせてあげましょう。
そうすることで、段々と昼夜の区別が出来るようになってきます。

生後1ヵ月の赤ちゃんは、まだまだ授乳の回数も多く、昼夜の区別もないためお母さんも大変です。
また、体重や身長の増え方にも個人差が出てくるため、小さな事でも不安になってしまいますよね。

疲れや不安から育児に行き詰まってしまう事がないよう、周囲に頼ったり、育児センターに出かけるなどして、一人で抱え込まないようにしましょう。

1か月検診を必ず受けましょう

聴診器
出産した病院で1ヶ月検診を受けましょう。
1か月検診では、赤ちゃんの成長と健康状態をチェックし、先天性の病気や障害がないかをチェックします。
身長体重の変化、体調の変化をみてもらい、もし気になること、不安なことがあればそのときに相談しておきましょう。

いかがでしたでしょうか。
良かったら、参考にしてみてくださいね。

▼こちらの記事もおすすめ
「1ヶ月」の関連記事(新着順)|子ある日和

関連ワード:,

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします