【生後3ヶ月の赤ちゃん】体重は?身長は?成長目安&お世話のポイント!

赤ちゃん
生後3ヵ月の赤ちゃんは、体重も産まれた時の2倍になり体つきが随分しっかりしてきます。
睡眠時間もまとまってくるようになり、お母さんの育児も少しずつ楽になってきます。

今回は、生後3ヵ月の赤ちゃんの発育や発達といった成長の度合いを見ていきたいと思います。

生後3か月の赤ちゃんの身長は?体重は?

メジャー
男の子: 身長57.5-66.1センチ 体重5.12-8.07キログラム
女の子: 身長56.0-64.5センチ 体重4.84-7.53キログラム

※参照※厚生労働省 乳幼児身体発育調査(pdf)

生後3ヶ月頃までの赤ちゃんは急成長!とくに体重は生まれた時の約2倍!
皮下脂肪がつき、体つき全体がまるまるとしてきます。
表情が豊かになり、かわいらしさが一段と増す時期です。

生後3ヵ月の赤ちゃん 授乳頻度や睡眠時間は?

ミルクを飲む赤ちゃん
この頃から顎の力や吸う力が強くなってくるため、ミルクや母乳の1回量が増えてきます。
満腹中枢も出来てくるので、授乳のペースも整い始めます。
一般的なこの時期の授乳回数は、1日6~8回程ですが、1回にたくさん飲む子、
ちょこちょこと頻繁に飲む子など個人差も大きいので、欲しがる時にあげて構いません。

ただし、ミルクの赤ちゃんの場合、飲ませ過ぎると肥満や消化不良の原因になってしまうので、
一日にあげるべき量を守ってあげるようにしましょう。

また、この時期の睡眠時間は1日平均17時間程ですが、
段々と昼夜の区別がつき始め、夜に少しまとまった睡眠を取る赤ちゃんも出てきます。
そうすると、お母さんの体も少し休まりますね。

生後3ヶ月の赤ちゃん 成長のポイント

赤ちゃん
首がすわりはじめるので、自分の頭を支えることができ、
首のコントロールができるようになります。

首がすわるというのは、生後3、4か月において大きな成長のポイントとなります。

首すわりのチェックポイント

1.腹ばいにすると肘をついて頭と肩を持ち上げることができる。

2.仰向けにし、両手を握って上体を引き起こすと、途中から頭と体が一緒についてくる。

このチェックは小児科にて3、4か月検診にてきちんと医師から判断していただくことが大切です。自己判断はしないようにしましょう。

生後3か月の赤ちゃんの様子

赤ちゃん
自分の手の存在に気付き始め、手をじっと見つめたり、こぶしにして口に入れたりします。
そして、原始反射の消失されるため、モロー反射が次第になくなってきます。

視力や聴力が発達してくるので、周囲の物音や人の声、家族の顔なども少しずつ分かってきます。
声をかけた方を向いたり、目が合うとにっこりと笑うようになります。

また、おもちゃなどが近くにあると握ってこようとしたり、舐めようとします。
赤ちゃんは触ったり口に入れたりすることで、物の存在を確かめます。
軽いものなら持てるため、ガラガラなど軽いおもちゃなら持って遊べる子もいます。
この時期は脳もどんどん発達しているので、話かけたり触ってあげたり、
家族みんなでしっかりコミュニケーションを取ってあげる事が大切です。

生後3ヶ月の赤ちゃん 便秘に注意

綿棒
生後3、4ヵ月は特に便秘になりやすい時期と言われています。

赤ちゃんのウンチのペースをしっかりと把握し、苦しそうにしていたり、ミルクや母乳の飲みが悪いようなら何らかの対処が必要です。
軽い便秘の場合は、綿棒浣腸やお腹のマッサージで改善されます。
それでも治らない場合は、小児科に行って浣腸をしてもらうと良いでしょう。

生後3ヵ月を過ぎると、3~4ヵ月検診を受ける事が決められています。
首の据わり具合や関節の開き、視力や聴力の発達、その他、先天性の病気が無いかなどを医師がチェックする大切な検診なので必ず受けるようにしましょう。

黄昏泣きが始まる時期

泣く赤ちゃん
夕方になると急に泣き出す「たそがれ泣き」が出てくるのも生後3か月ぐらいからです。
一時的なものなので、しばらく付き合ってあげましょう。
外の空気を吸わせてあげて気分転換させてあげたり、逆に放っておくのも方法の1つです。
無理に泣き止ませずに、のんびりとした気持ちで接してあげることが大切です。

生後3か月は、産まれたばかりの頃と比べるとたくさん動けるようになるし、
表情などもでてきて育児がますます楽しくなる時期でもありす。

赤ちゃんにたくさん語りかけ、たくさん触れ合い、一緒に過ごせる時間を楽しんでくださいね。

▼こちらの記事もおすすめ
「3ヶ月」の関連記事(新着順)|子ある日和

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします