【生後11ヶ月の赤ちゃん】身長・体重の目安は?離乳食の進め方は?睡眠時間は?お世話のポイントまとめ

よちよち歩きの赤ちゃん
もうすぐ1歳の誕生日を迎えようとしている11ヶ月の赤ちゃん。

伝い歩きや立っちができるようになり、好奇心いっぱいに動き回っています。
触れたい、感じたい欲求が増すことで目が離せなくなってきます。

そんな11ヶ月の赤ちゃんの成長と育児について紹介します。

生後11ヶ月の赤ちゃん 身長と体重は?

メジャー
男の子:身長は69.4~78.5cm、体重は7.51~10.82kg
女の子の身長は67.4~76.7cm、体重は7.02~10.27kg

※参照※厚生労働省 乳幼児身体発育調査(pdf)

動きまわることで足腰が強くなるのでハイハイのスピードが速くなり、伝い歩きやつかまり立ちが上手になってきます。
何歩かよちよち歩きが出来る赤ちゃんも、なかにはでてきます。
運動量が増加することで、赤ちゃんの体重増加は緩やかになっていきます。

生後11ヶ月の赤ちゃん 離乳食や授乳の間隔は?

食事をする赤ちゃん
11ヶ月は、離乳食から栄養の60~70%をとり、3回食に慣れてきます。
3回とも量をしっかり食べ、バナナくらいの固さの物を噛んで飲み込むことができたら徐々に大人が食事をする時間に合わせましょう。
お腹がすいてきたら、催促することもあります。

この時期は、手づかみで食べる経験や上手に飲み込むことが出来ずに吐き出すようなことを重ねていくことで、食べ方を学んでいきます。
好き嫌いで食べ物のムラもあるので、味付けや大きさ、固さを工夫してみましょう。

母乳・ミルクの回数は?

母乳は1日2~3回、ミルクは1日500mlを目安に与えましょう。
母乳は離乳食をきちんと食べても、欲しがるようなら与えます。
栄養摂取の補助をしてくれるフォローアップミルクを与えて卒乳を進めていくのも良い時期です。

しかし、慌てて切り替える必要はないので、赤ちゃんのペースに合わせましょう。

離乳食の内容は?

離乳食は、軟飯:80~90g(子ども茶碗に軽く1杯)。
野菜、果物:30~40g
たんぱく質(どれか1品):魚15g/肉15g/豆腐45g/全卵2分の1個/乳製品80g)が目安です。

生後11ヶ月の赤ちゃん 睡眠時間はどれくらい?

眠る赤ちゃん
日中活発に動き回るようになることから、睡眠時間は1日11~13時間程度になります。

午前か午後に一度だけ昼寝をし、夜はまとめて眠るようになります。
睡眠と離乳食の時間も定まっていくので、毎日時間を意識しましょう。

夜泣きが続く赤ちゃんもいますが、1歳半頃までにおさまる子がほとんどですので、気長に付き合いましょう。

生後11ヶ月頃の赤ちゃん成長の目安は?

この時期に見られる主な発達には、つたい歩きが出来るようになる、1人で立ったり歩くことが出来る、指先に力が入れられるようになり、器用になる、自己主張が強くなる、言葉を理解し始める、などがあります。

つかまり立ちができるようになる

つかまり立ち
つかまり立ちは大体の赤ちゃんが出来るようになり、中には1人で立ったり歩けるようになる赤ちゃんもいます。
しかし、立っちやあんよには個人差が大きく出るので、焦らず赤ちゃんのペースに任せて見守ってあげましょう。

1歳半頃までに歩けるようになれば大丈夫です。

手先が器用になってくる

赤ちゃんの手
指先に力を込めることができるようになり、ふたの開け閉めができたり、マグカップを自分で持って飲めたり、リモコンのボタンを押したり、絵本のページをめくるなど、指先を使った動きが上手になります。
指先を動かして遊べる積み木などのおもちゃを与えると集中して積みあげて遊ぶようになります。

赤ちゃんの興味をひくものも増えますが、小さな物は手の届かないところにおきましょう。

言葉の理解ができてくる

ママと赤ちゃん
言葉が徐々に理解できるようになり、「ママ」「パパ」「ワンワン」「ねんね」といった意味のある言葉がでてきます。

まだ言葉にならなくても「ちょうだい」と言って手を出すと渡してくれたり、何かをたずねると指をさして教えてくれたりする赤ちゃんもいます。
人や物の名前を少しずつ覚えた始めた証です。
パパやママ、周囲の大人とのコミュニケーションによって赤ちゃんの言葉の発達が促されます。

生後11ヶ月頃の赤ちゃんのお世話のポイントは?

ポイント
自己主張がどんどん強くなるので、気に入らないことがあると全身を使って泣いて愚図ることもしばしばです。
少しずつ、危険な事や社会のルールも教えてあげないといけない時期なので、駄目なものは駄目と言い聞かせてあげることが大切です。
その際は、感情的にならず赤ちゃんの目線で優しく話してあげましょう。

また、赤ちゃんは持った物はすぐに口に入れます。
誤飲の恐れがあるので、小さな物は手の届かない所に閉まっておくようにしましょう。

まとめ

1歳を目前に控えたこの時期は、日々の成長も著しいものがあります。
コミュニケーションが取れるようになるので育児も楽になりますが、意思や自我が強くなりママやパパを困らせてしまうことも多いかもしれません。
大人の言葉も理解が出来るようになるので、優しくゆっくりと話しかけてあげて下さい。

また、赤ちゃんの健全な成長のためにも、大人が早寝早起きをするなどの努力をして、生活リズムを整えてあげるようにしましょう。

関連ワード:

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします