【1歳の赤ちゃん】身長・体重、離乳食の進め方は?睡眠時間は?お世話のポイントまとめ

1歳の赤ちゃん
1歳の誕生日を迎えた赤ちゃんは、赤ちゃんを卒業して幼児に近づいてきます。

1歳を過ぎると、発育、発達の個人差が大きくなってきますが、周りの子との差を気にせずに、心配しすぎないように成長を見守っていきましょう。

1歳の赤ちゃん 身長、体重は?

メジャー
1歳になると身長は生まれた時の約1.5倍、体重は生まれた時の約3倍にもなります。

男の子:身長は70.3~79.6cm 体重は7.6~11.0kg
女の子:身長は68.3~77.8cm 体重は7.2~10.5kg

※参照※
厚生労働省 乳幼児身体発育調査

これから先は運動量が増え、皮下脂肪が減るので、身長は伸びていきますが体重は急増しません。
丸みを帯びた赤ちゃん体型から、スマートな幼児体型に変わっていきます。
頭のてっぺんにある大泉門も閉じてきます。

1歳の赤ちゃん 母乳・ミルク・離乳食は?

食事中の赤ちゃん
1歳になり、卒乳する子もでてきます。

離乳食でしっかり栄養をとることができていれば必要ありませんが、栄養が足りていないようならフォローアップミルクで栄養を足してあげましょう。
離乳食は完了期になり、歯ぐきで噛むことが上手になってきます。
大人と同じ食事はまだ無理ですが、調理の途中で取り分けてひと手間加えればよくなるので、離乳食の準備も楽になってきます。
大人より味付けは薄く、小さく柔らかく、指で簡単につぶれるくらいの固さにしましょう。

奥歯がはえそろうまでは、焦らず進めていきましょう。
スプーンやフォークを自分で握って自分で食べたがるようになりますが、最初はうまく食べることができません。
何度も繰り返すうちに上手に食べることができるようになります。

1歳の赤ちゃん 睡眠時間・お昼寝は?

お昼ねする赤ちゃん
だんだんと生活リズムが定まってきて、日中のお昼寝が1回になり、1回のお昼寝も2時間以内にしていきます。

夜は、朝までぐっすり眠るようになります。一日全体で11時間~13時間が睡眠時間の目安となります。
なるべく規則正しく健康的な暮らしが身につくよう、毎日同じ時間帯で動くよう頑張りましょう。

お気に入りのタオルを握ったり、指しゃぶりをしたりと眠りに入る儀式が出来てくる子もいます。

この頃から意識的に基本的な生活習慣を身につけさせていきます。
大人が見本をみせて挨拶や食事マナー、手洗いや歯磨きを習慣づけていきましょう。

1歳の赤ちゃん成長のポイントは?

1歳になると、言葉や心の発達が著しく成長時期でもあり、色々なものに興味関心を持つ時期です。
0歳の頃と比べると行動範囲も増えママにとっては目の離せない少し大変な時期にもなりますが、子どもの成長を暖かく見守っていきましょう。

意味のある言葉を話すようになる

ママと赤ちゃん
「ママ」「パパ」「マンマ」「ブーブー」など、その子にとって感心のある言葉を1、2個話すようになります。
口まねではなく、意味を分かって言うようになります。

言葉の意味を理解できるようになりますので「○○をちょうだい」と言うと、持っているものを渡してくれたり、コミュニケーションが出来ます。
「ごはんだよ」の声掛けでイスに座ってくれるなど、意味を理解し行動に移せます。

しかし、中には2歳くらいまで言葉を発せず身振り手振りや「あー」という単語1つで表現する子もいます。
言葉が遅くても親の話している言葉はよく理解しているので、焦らずにたくさん話しかけていきましょう。

心が発達してきます

心の発達
感情の発達に伴い自己主張が強くなります。
ママが他人と話していると、大きな声を出して気を引いたり、嫌な事があると体全身で暴れて泣くことも出てきます。

いたずら大好き

赤ちゃんのいたずら
歩けるようになった赤ちゃんは行動範囲が広がって、周りにあるもの全てが目新しいものに感じます。

また、ありとあらゆるいたずらをするようになります。
「これはなに?」と興味を持ったら、出してみたり触ってみたり、なめてみて確かめるようになります。
危険な物は手の届かないところにおくようにしましょう。
イタズラは旺盛な探究心の現れなので、成長の一貫だと思って、やりたいようにやらせてあげてください。

1歳の赤ちゃん お世話で注意すること

注意点
おっぱいやミルクからちゃんとした食べ物を与えるこの時期は、うんちを常に観察して下さい。
食べたものがそのままうんちとして出ている場合、栄養をちゃんと摂れているか心配になりますが、少しずつ吸収していますので、栄養が摂取出来ていないということはありません。
ただ、離乳食の固さや大きさの見直しをしてみるとよいでしょう。

予防接種を受けましょう

予防接種
1歳までに受けるべき予防接種はたくさんあります。

自治体からお知らせがくるものもありますが、ほとんどが各自でスケジュールを組まないといけません。
定期接種もありますが、任意接種もあります。
それぞれの家庭により予防接種の考え方は異なりますが、かかりつけの医師に相談し、適切な間隔で予防接種を受けるようにしましょう。

1歳になり、これからますます成長が見えてきます。
日々成長が見える時期なので、今という時間をめいっぱい大切にしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします

キーワード: