【生後6ヶ月の赤ちゃん】体重は?授乳間隔は?生活リズムはどう?成長目安&お世話のポイント!

赤ちゃんとおもちゃ
赤ちゃんも生後6ヶ月頃になると、寝返りもマスターしてお座りも安定する頃です。
赤ちゃんによってはずりばいやハイハイを始める頃でもありますね。
授乳や睡眠時間も整ってくるので、ママの育児も随分楽になっているのではないでしょうか?
今回は、生後6ヶ月の赤ちゃんの発育や発達の様子を見ていきたいと思います。

生後6か月の赤ちゃんの大きさは?

メジャー
生後6か月の赤ちゃんの身長と体重の目安は、以下の通りになります。

男の子: 身長63.6-72.1センチ 体重6.44-9.57キログラム
女の子: 身長61.7-70.4センチ 体重6.06-9.05キログラム

※参照※厚生労働省 乳幼児身体発育調査(pdf)

生後6ヶ月ともなると乳児期の後半に突入します。
それまでは身長や体重の増加のスピードは早いですが、この時期から、母子手帳に書かれている増加のカーブは徐々に緩やかになってきます。
1日の体重の増加は約10〜20g程で、身長は1ヶ月に約1cm程度伸びます。
しかし、体重や身長といった発育には個人差が大きく出るので、赤ちゃんが元気に過ごしており、
母乳やミルクを飲んでいるようなら心配しないようにしましょう。

生後6ヶ月の赤ちゃん 授乳の間隔や量、回数は

ミルク
生後6ヶ月になると離乳食が始まります。
しかし、赤ちゃんの栄養のほとんどは、まだまだ母乳やミルクから摂る時期です。

授乳回数の目安は?ミルクの回数は?

授乳回数の目安は1日に5〜6回で、ミルクの場合は缶に示されている量を目安にして大体200〜300mlを、
1日に4〜5回、後は離乳食の後に飲ませてあげて下さい。

母乳の場合も授乳回数は大体同じですが、おっぱいが大好きな赤ちゃんだと、寝るときやご機嫌が悪い時にも欲しがるので、
回数にこだわらず赤ちゃんが満足するまで飲ませてあげて下さい。

離乳食について

この時期は離乳食の初期にあたり、食べる事よりもスプーンに慣れていく時期です。
最初は赤ちゃんの胃腸に負担のかからない10倍がゆ始め、徐々にうどんやパン、野菜や魚などに
ステップアップしていきます。

味付けも最初は、出汁を取る程度で、ほとんど要りません。

離乳食を始めて1ヶ月経ち、スプーンや色々な食材に慣れたら、1日1回から2回食に増やしていきましょう。

最初は赤ちゃんはほとんど食べてくれないかもしれませんが、食べる量や種類は気にせず、
赤ちゃんにとって楽しい食事の時間になる事を優先する事が大切です。

生後6か月の赤ちゃん 睡眠時間は?

眠る赤ちゃん
生後6ヶ月頃になると睡眠時間はまとまり、1日におよそ15時間程度です。
今までは、お昼寝も2〜3時間ごとにちょこちょこだったかもしれませんが、
午前と午後に2〜3時間ずつまとまって寝てくれるようになります。
ママも家事を済ませたり、赤ちゃんと一緒に休む事が出来るので精神的にも体力的にも随分楽になるはずです。
また、夜中の授乳もグンと減って長時間寝てくれるようになります。

生後6か月の赤ちゃんはどんな感じ?

座る赤ちゃん
生後6ヶ月と言えば寝返りをするようになった赤ちゃんがほとんどで、
ソファの背もたれや大人の手で支えてあげる事によってお座りが出来るようになります。

寝てばかりの状態から視野がグンと広がるので、赤ちゃんの世界も広がり喜びます。
徐々に支えが無くても一人で座れるようになりますが、最初の頃は不安定で横に後ろに前にと転がってしまいます。
赤ちゃんにお座りをさせる時は目を離さないようにして、周囲に柔らかいクッションなどを置いておきましょう。

また、この時期の赤ちゃんは手先がかなり器用なるので、両手で上手におもちゃを持ったり、
手から手へと持ち替えて遊ぶ事が出来ます。興味のある物が目に入ると何でも掴もうとし、掴んだら即口へ運びます。

これは手や口で物を認識しようとする赤ちゃんの本能です。
こういった動作によって脳がどんどん刺激されるので、手で掴みやすい物や、音の出るおもちゃなどを与えてあげましょう。

赤ちゃんによっては人見知りやママ追いが始まる時期でもあります。
ママは大変かもしれませんが、赤ちゃんにとっては大切な成長過程の一つです。
いつかは治まるものなので、気長に見守ってあげましょう。
人見知りやママ追いが激しくても、家に篭りがちになってしまうとママも赤ちゃんもストレスが溜まってしまいます。
天気のいい日は外にお散歩に出掛けて、太陽の光をたくさん浴びて下さい。

家の中の安全対策を!

注意
生後6ヶ月頃になると、今までとは違って赤ちゃんの行動範囲や視野もうんと広がっています。
そのため大人には盲点となるような危険もたくさん潜んでいます。
赤ちゃんの動ける範囲には危険な物を置かない、ベッドやバウンサーからの転落を防ぐなど、家の中の安全対策を心掛けましょう。
また、何でも口にするので誤飲の危険性もあります。
赤ちゃんの口に入るような小さな物は徹底して片付けておく事が大切です。

生後6か月の赤ちゃん 体調を崩しやすくなる時期!

体温計
生後6ヶ月になるとママから貰った免疫が少しずつ減っていきます。
そのため今まではかかる心配の無かったウィルスや細菌感染に気をつけなければいけません。
特に冬場はインフルエンザや嘔吐下痢症など、赤ちゃんが感染すると危険な物もあります。
長時間ぐずっていたり、母乳やミルクの飲みが悪い時は体調が悪いサインの可能性もあるので、
いつもと違う様子が見られたら早めに小児科を受診して下さい。

いかがでしたでしょうか?
赤ちゃんの成長には個人差がありますので、成長が遅いと感じてもあまり心配しすぎないようにしましょう。
何か気になる事があれば、乳幼児検診を利用して不安を解消してくださいね。

産まれて6か月。
これまでもめまぐるしい成長を目にしてきたかと思いますが、
これからは、ハイハイして、歩きだして、言葉を話して・・・と子供の成長は更に続きます。
楽しみですね。

関連ワード:

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします