【生後8ヶ月の赤ちゃん】成長目安&お世話のポイント!

スマホをかじる赤ちゃん
赤ちゃんが生後8ヶ月頃になるとお座りやハイハイが出来るようになり、中にはつかまり立ちが出来るようになる赤ちゃんもいます。

これまでよりもどんどん活発になるので目も離せません。
情緒面も発達してコミュニケーションも随分取れるようになります。

ここでは、生後8ヶ月頃の赤ちゃんの成長や育児のポイントを見ていきたいと思います。

生後8か月の赤ちゃんの大きさは?

メジャー
生後8か月の赤ちゃんの身長と体重の目安は、以下の通りになります。

男の子: 身長66.3-75.0センチ 体重6.96-10.14キログラム
女の子: 身長64.4-73.2センチ 体重6.53-9.63キログラム

※参照※厚生労働省 乳幼児身体発育調査(pdf)

ハイハイなどの発達などにより、運動量にも個人差があるため、小柄な赤ちゃん、ぽっちゃりめな赤ちゃんなど、体格に特徴が現れてきます。
離乳食が進み、母乳やミルクも良く飲み、元気に過ごしているようなら、数値に囚われる必要はありません。

授乳の間隔や量、回数、離乳食は?

ミルク
生後8ヶ月になると離乳食も徐々に進んできますが、1日に必要な栄養の60%~70%を母乳やミルクでまかないます。

授乳回数の大体の目安は1日に4~5回で、ミルクなら1回に200~220mlを与えて下さい。
母乳なら離乳食の後にあげて下さい。
母乳の場合は、お腹が空いた時以外にも眠い時や甘えたい時にも、お乳を欲しがることがあります。
そういう時は、赤ちゃんが満足するまで飲ませてあげましょう。

睡眠時間はどれくらい?

砂時計
この時期の赤ちゃんの睡眠時間は、およそ13時間です。

お昼寝の時間が定まってきて、午前と午後1回ずつになる赤ちゃんが多いです。
夜にまとまった睡眠を取れるようになりますが、この頃から夜泣きを始める赤ちゃんも出てきます。

これは、昼間に起きている時間が多くなり、お座りやハイハイが出来るようになることから、新しい刺激や興奮を受けるためと言われています。
お昼寝が夕方に差し掛からないように工夫をして、夜に熟睡出来るような環境を作りましょう。

お座りが安定してハイハイやつかまり立ちする赤ちゃんも!

つかまり立ち
8ヶ月の赤ちゃんはお座りがかなり安定してきて、ハイハイを始めます。
ハイハイといっても、ずりばいと呼ばれる、お腹を床に付けたまま進むハイハイの赤ちゃんもまだまだ多いでしょう。

完全に体を起こして、お腹を床から離して両手両ひざでハイハイする高バイが出来るようになっている赤ちゃんも出てきます。
また、左右不安定なハイハイもあります。

ハイハイのスタイルも個性がありますが、赤ちゃんが自分なりに出来る力をフルに使って動いているので、バランスが悪いハイハイや完全な高バイになっていなくても大丈夫です。

自己表現が豊かに!でもママはちょっと大変かも!?

つかまりだち
情緒面も発達して、意思もかなり出てきます。
離乳食の時などは自分で食べたがるため、食べ物をぐちゃぐちゃにして、お母さんを困らせてしまうこともあるかもしれません。

おもちゃを両手でつかんでぶつけて音を楽しんだり、沢山のものを両手でわしづかみしたりと、自分で何かをしよう!という意志の表れも見られる時期です。
ママの髪の毛を引っ張ったり、ボタンを取ろうと引っ張ったりすることもあるかもしれませんし、
手に届くものを片っ端から取って、眺めたり、口に入れたりします。

赤ちゃんの手の届くところに、物を置かないようにしていきましょう。

自分で何かをしようとする意思はその後の発達にとっても大切な事なので、出来る範囲で赤ちゃんの意思を尊重してあげましょう。

歯が生えます

歯ブラシ
生後8ヶ月頃から乳歯が生えてきます。
食事以外でも、母乳やミルクも虫歯の原因になります。
歯が生えたら歯磨きをスタートさせましょう。

最初はガーゼなどを使って優しく拭いてあげることから始め、徐々に歯ブラシに慣れて行きましょう。
大切なのは、赤ちゃんが苦痛にならない歯磨き習慣を付けることです。
嫌がる時は無理強いをせず、1日1回でも出来たらOKとし、出来たらしっかり褒めてあげましょう。

赤ちゃんも生後8ヶ月を過ぎる頃から、乳児から幼児へと成長していきます。
自主性が育まれる大切な時期でもあるので、食事や歯磨き、お風呂などの基本的な生活習慣は特に、赤ちゃんのやる気を尊重してあげましょう。

生活の中で気を付けたい事

要注意
赤ちゃんの動きが活発になってきますので、手に届くところや、床には危険なものを置かないようにしましょう。

火傷をする可能性のある熱いものや、細かったりとがっているもの、毒性のある物、などは全てしまいましょう。
床に置かなくても、アイロンや電気ポットなどは、コードを引っ張って高い所から落ちてくる可能性もありますので、コードが届かないように工夫をしましょう。
うっかり落としてしまった針やボタン電池などは、赤ちゃんがなめたり飲んでしまうことがありますので、床に物が落ちていないか頻繁に確認しましょう。

8ヶ月の赤ちゃんは急にハイハイが出来るようになったり、つかまり立ちしようとしたり、目が離せませんので、ママやパパがいつもよりもしっかりと観てあげて下さい。
「多分、大丈夫」は危険です。
ちょっとでも危ないものは決して置かないようにしましょう。

関連ワード:

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします