足が冷たいっ!けど、すぐに脱げちゃう・・・。冬場の靴下、赤ちゃんや子供にも必要?

赤ちゃんの足2
大人は冬場は特に、靴下を朝から晩まで、さらには寝ている間も寒さに勝てずに履いてしまっている人が多いと思います。
しかし、赤ちゃんの場合は靴下はどこまで必要なのか悩んでしまいますよね。
寒いから履かせた方がいいのか、でもすぐに脱げてしまうし、足が冷たくなっていたらかわいそうだし、どうしたらいいの?
今回は、乳幼児の靴下の履かせ方についてご紹介致します。

室内では靴下は不要です

赤ちゃんの足
秋から冬場にかけて、赤ちゃんや乳幼児は足を触ると冷たいことがよくありませんか?
すぐに靴下を履かせなくてはと心配になりますよね。
しかし、体を触ると暖かい、これってどういうこと?と思いますよね。
赤ちゃんはまだ自分で体温を調節する機能が未熟なので体は暖かくても手足が冷たいことはよくあることなのです。
そして周りの環境によってすぐに自分の体温が左右されてしまいます。
そんなときにはしっかり手と足が体温調節を行ってくれているんですよ。
暑い時に、手や足から放熱して体温を下げて調節しているのです。
なので体を触ってみて、お腹や背中が暖かく、唇の色もピンクで鳥肌も立っていないなら心配ありません、履かせなくて大丈夫です。
また、足をしっかり成長させるため、足の裏の土踏まずをしっかり作るためにも裸足は効果的なんですよ。

寝るときも、もちろん靴下は不要です

不要
寝ているときも体がしっかりと洋服などで暖かければ靴下はいりません。
靴下を履いていると寝ている間の放熱がうまくできなくなってしまうことがあります。
人は寝ている間も汗をかいています。
汗をかくことで放熱して体温調節をしているのですが、足の裏も余分な熱を放熱しているので、靴下を履いていると上手く放熱が出来なくなって身体に良くないのです。
靴下を履いているとだんだん汗をかいたり、体温調節する機能が衰えていきますから要注意です。

外出するときは靴下を履きましょう

ベビーカー
秋から冬の外は室内と違い、寒さが厳しいですから靴下を履いた方がいいです。
冷たい空気にずっと当たっていると身体の方も芯から冷えてしまいます。
少し暖かい日には、レッグウォーマーで足先を出したりくるんだりできるものを、足に履かせてあげるといいですよ。
また、雨の日はレインブーツを素足で履くと、中が蒸れてしまい、足に細菌が繁殖しやすくなり、臭くなったり、水虫になったりしますから靴下を履かせましょう。
ベビーカーに乗っているだけなら、暖かい日は必要に応じて履かせて下さい。

このように、外にお出かけするとき以外は、基本は赤ちゃんや乳幼児は靴下を履かせないでOKです。
お姑さんなんかは、裸足で寒いんじゃないの?
とよく言ってくることもあると思いますが、理由を話して納得してもらえるといいですね。

▼こちらの記事もおすすめ
赤ちゃんに靴下は履かせない理由とは?実際、どうしてますか?|子ある日和

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします