集中力のある子どもに育つ!?朝ご飯には子供にとって良い効果がいっぱい!

朝ごはん
育ち盛りの子供にとって、朝ごはんをきちんと取る習慣を身につけることは、とても大事な事だと言われています。
しかし、最近では核家族化が進んだり、夫婦共働の家庭が増えてきたせいもあって、朝ごはんを食べない子供も増えてきているようです。

朝ごはんはなぜ必要?

ママのワンポイント
朝起きたばかりの体はまだ半分眠った状態です。
朝ごはんをきちんと食べることによって、内臓が動き始めて体も目覚めて行くのです。

特に朝ごはんを食べる際、ただ食べ物を胃に入れるだけでは無く、しっかり噛むことによってその刺激が脳に伝わり、頭をしゃきっと目覚めさせることに繋がります。
「学校に行く前にきちんと朝ごはんを食べておかないと頭が働かないよ!」という言葉はこのことなんです。

朝ごはんでコミュニケーション

家族全員で朝ごはん
また朝ごはんは、みんなで揃ってしっかり食べる習慣を作れば、家族のコミュニケーションを深める場にもなります。
深夜帰宅する忙しいお父さんなんかは、なかなか子供と話す機会も作れなかったりしますよね。
特に子供が成長して行けば生活リズムもバラバラになるので、夜は時間が合いにくくなります。

それに比べて朝は時間が合わせやすいので、小さいうちから家族揃ってテーブルに付き、みんなで朝ごはんを食べる習慣ができれば、そこで会話をしたり、変わったことは無いか様子を確認したりもできます。
こうしたコミュニケーションが家族の繋がりを深めて行くきっかけになるんです。

忙しい朝にもパパッとできる、栄養しっかり朝ご飯

朝ご飯はしっかりバランス良く、できれば家族みんなで食べたい所です。
しかし実際は、お母さんにとって朝はとても忙しくバタバタになりがちで、なかなか余裕なんて持てません。
そんな忙しいお母さんたちにも実践できる、栄養バランスばっちりの朝ご飯を3つ紹介します。

簡単ピザパン

ピザパン

出典:Instagram

材料:食パン、ベーコン、トマト(ミニでもOK)、コーン、マヨネーズ、ケチャップ、チーズ

1.食パンにマヨネーズを塗って、ベーコン、トマト、コーンをトッピングする

2.ケチャップをしぼり、チーズを乗せて、こんがりするまでトースターで焼く

子供が大好きなピザパンです。トッピングは火が通りやすいものであれば何でも乗せちゃって大丈夫。簡単だけどおいしくて、子供もぺろっと食べてくれますよ。

簡単おいしい鶏そぼろ丼

そぼろ丼
材料:鶏ひき肉、豆腐、ねぎ、にんにく、しょうが、酒、醤油、砂糖、みりん、マヨネーズ

1.油をひいたフライパンでみじん切りにしたニンニク(チューブでも可)と生姜を香りが出るまで炒める。
2.鶏ひき肉を加えて火が通るまで炒めたら、豆腐を手で砕きながら加えてさっと炒める。
3.調味料で味付けし、水分が飛ぶまで炒める。
4.ごはんをお皿に盛って、その上に鶏そぼろと刻んだネギを乗せマヨネーズをしぼれば完成!

そぼろの上に目玉焼きを乗せてもおいしいですよ!
そぼろは前日作っておけばさらに楽です。

野菜たっぷり具だくさんお好み焼き

お好み焼き
材料:キャベツ、ネギ、ニンジン、ニラ、パプリカなどの野菜、小麦粉、水(牛乳でも可)、卵、豆腐、ほんだし、天かす

1.冷蔵庫にある野菜を細かく刻む。
2.刻んだ野菜をボールに入れて、小麦粉、水、卵、ほんだしあれば天かすなどを入れる。
 ここでポイントなのが、お箸などで混ぜ砕いた豆腐を入れること!
 豆腐を入れることで、山芋を入れなくてもフワフワになりますよ。
3.できた生地を油をひいたフライパンでこんがり火が通るまで焼く。

ソースをかけて食べればアツアツフワフワお箸が進みます!
簡単にまとめて栄養が取れるし、離乳食にも応用できるのでオススメです。

朝ごはんをしっかり食べることは健康な体を作ることはもちろん、子供の頭や心を健やかに育ててくれます。

朝ご飯を食べないと、頭がなかなか目覚めず、集中力を低下させたりイライラしやすくさせたりします。
そうならないためにも、朝ご飯はしっかり取る習慣を身につけていきたいですね。

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします