赤ちゃんに果汁って必要?あげる時の目安の時期は?

フルーツ
ママの母親世代だと、赤ちゃんから果汁をあげた方がいいと考える人も多いです。
ですが、今の時代は「果汁はあげても構わない」考えが一般的になってきました。

果汁は何か月から?

はてな
赤ちゃん用の果汁はベビー用品のメーカーからも発売されています。
粉になっていて水でそのまま溶かして与えることができるもの、ジュースになっているもの、ペットボトルに入っているものなどです。
スーパーでは子供用の小さいパック飲料が売っていることもあります。
それぞれ、容器に「5ヶ月から」、「6ヶ月から」と与えるのに適当な時期が書かれているので、その時期から与えるようにしましょう。

昔は、果汁をあげることで味覚を発達させるねらいもありました。
ただ、今はおっぱいやミルクが足りていれば、果汁は特に与えなくてもいいとされています。
もちろん、あげても構いませんが、必ずしもあげなくてはいけないというわけではありません。

与えすぎてしまうと果物にも「果糖」といって砂糖のような成分が入っていて、小児成人病の原因となる可能性だってあります。
そのため、与えすぎも問題とされます。ほどほどの量がいいでしょう。

どうやってあげる?

疑問
粉で水で溶いてあげるもの、ジュースなどはうすめなくてもそのままあげることができます。
それに対して、りんごなどのくだもの果汁は、すったりしてそのままあげると味が濃いと感じることがあります。
そのため、水で2倍~3倍にうすめて飲むのがいいとされています。
水はミネラルウォーターではない方がいいです。
ミネラルウォーターは赤ちゃんにとっては成分が強くて合わない場合もあるので、水道水を煮沸消毒した湯冷ましであげると安心です。

くだものは何が適当?

りんご
くだものは、最初はりんご、ぶどうなどクセのないものがいいかもしれません。
離乳食でも言われることですが、南国のくだものであるパイナップル、キウイフルーツ、オレンジなどはアクが濃いので、赤ちゃんが飲んだ後に口元にぶつぶつとした吹き出物が出ることがあります。

南国のくだものは最初から与えず、離乳食などで色んな食材を試した後で一口ずつ与えた方がいいかもしれませんね。
水分が多いすいか、なしは比較的赤ちゃんにもなじみやすく食べやすい食材です。
また、缶詰はシロップにつけてあり、砂糖を加えてあるものもあります。

季節の生のフルーツが栄養価も高くおすすめです。

果汁は無理して毎日あげなくてはいけないことはありません。
こだわってあげないのもよくないので、家族が楽しんでいるのなら一緒に一口食べてみるのもいいかもしれません。
季節の旬のフルーツを食べることで、ビタミンなどの栄養も取ることができますよ。

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします