1歳過ぎたら大人と同じ味付けで良い?は間違い!6歳までは薄味が基本!

離乳食
生後5・6ヶ月から始める離乳食。
最初はお粥から始めるものですが、徐々に固形物へと移行し、2歳になれば、大人と同じ食事でも良いとされるのが一般的です。
しかし、食材や調理法は良いとしても、味付けまで大人と同じでよいのでしょうか?

そこで今回は「幼児食の味付け」について焦点を当て、解説したいと思います。

3歳までに味覚が決まる

ポイント
人間の味覚は3歳までに決まると言われています。
そのため、小さい頃から濃い味付けに慣らせておくと、大人になるにつれどんどん濃さが増してしまう危険性があります。
濃い味付けの物を食べ続けると、塩分や糖分を取りすぎるため、将来的に成人病や糖尿病になる恐れも出てくるでしょう。
最近では、小学生の健康悪化が問題視されており、その殆どは食生活が原因といわれています。
子供の健康を守るためにも、幼い内はなるべく薄味で育てることが大切です。

素材そのものが持つ“うまみ”で十分に美味しい

野菜
子供の舌はとても敏感です。
そのため、薄味に慣らせておけば、素材そのものの美味しさで、食事を満足してくれることでしょう。
野菜には野菜の、肉には肉のうまみがあり、それを見極めることが出来るのは子供が持って産まれた大切な“能力”です。
その能力を消してしまわぬためにも、味付けは薄味が基本だといえるでしょう。

子供の内臓はまだまだ未熟

未熟
小学校へ入る6歳を過ぎる頃まで、子供の内臓はまだまだ未熟だと言えるでしょう。
そのため、塩分や糖分の強い食材を食べることで、肝臓や腎臓、胃などの臓器に負担をかけてしまうことがあります。
子供の健康のためにも、6歳頃までは薄味を心がけると良いでしょう。

濃い味付けに慣らせると非行に繋がる?

ほんと?
濃い味付けのものを食べさせ続けると、非行に繋がるという説もあります。
その根拠は、カップラーメンやスナック菓子などを子供が求めることで、買い食いをしたり、小さい頃からファーストフード店に出入りすることだと言われています。
お母さんの薄味が一番美味しいと思って育った子供は、必然と毎日家に帰り食事をするようになるでしょう。
“家の味”が一番美味しいと思わせることは、子供が家を好きになるきっかけになると言うことでもあるのです。

まとめ

以上のように「子供の食事の味付け」について解説いたしました。
子供というのはもともと濃い味付けのものがすきな生き物です。
それぞれの家庭の味付けがあるかとは思いますが、6歳頃まではなるべく薄味を心がけ、薄味に慣らせておくと良いでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします