夏バテ防止に効果アリ!?今が旬の「ピーマン」を使った離乳食&幼児食レシピ5選

ピーマン
子供が嫌いな野菜ランキングの上位に挙がってしまうことが多い「ピーマン」・・・。
恐らく、独特の苦みやにおいが苦手というお子さんが多いのではないでしょうか。

実は、ピーマンは栄養価が高く、ビタミンA・ビタミンC・ビタミンEが豊富に含まれていて、鉄分やカルシウムなども含まれている

そうです。
また、ビタミンCはレモンの2倍あり、加熱調理しても栄養価が失われにくいとのことです。
そして、加熱することにより、苦みやにおいが和らぐそうです。

さらに、ピーマンに含まれるビタミンAやCが、細胞の働きを活性化し、夏バテを防いで疲労回復に効果がある

そうです。

そんなピーマンを使った離乳食のレシピを紹介いたしますので、ぜひお試しください!

離乳食中期☆トマトとピーマンの野菜煮!

離乳食中期☆トマトとピーマンの野菜煮!

出典:cookpad

ピーマン単体で食べさせると、お子さんが嫌がる可能性があるので、さりげなくピーマンを食べさせるにはちょうど良い一品です。
トマト・玉ねぎ・ツナ缶の味がしっかりしているので、ピーマンの味とにおいがカムフラージュできるでしょう。

離乳食後期★卵大豆不使用ピーマンの肉詰め

離乳食後期★卵大豆不使用ピーマンの肉詰め

出典:cookpad

ピーマン単体は苦手でも、肉詰めにすれば食べられるというお子さんもいらっしゃるのではないでしょうか。
こちらのレシピは、卵・大豆のアレルギーのお子さんにも食べられる一品です。
小麦のアレルギーのお子さんには、米粉や片栗粉で代用してもOKです。

鮭ピーマンにぎり 離乳食後期

鮭ピーマンにぎり 離乳食後期

出典:cookpad

ピーマンの緑色と鮭のオレンジ色、ごはんの白色の彩が良い一品です。
鮭に塩分があるので、醤油を使わなくてもOKです。
また、油で炒めることで香ばしさが増し、ピーマンのビタミンAも摂りやすくなります。

離乳食☆しらすとピーマンのさっと煮

離乳食☆しらすとピーマンのさっと煮

出典:cookpad

しらすとめんつゆの風味で、ピーマン独特の苦みやにおいが軽減される一品です。
めんつゆと塩を使うので、減塩しらすを使うのがポイントです。
減塩しらすが無い場合は、塩が無くてもおいしく出来上がるでしょう。

離乳食☆ピーマンが肉詰め♡

離乳食☆ピーマンが肉詰め♡

出典:cookpad

こちらは、肉詰めしたピーマンでなく、ピーマンをハンバーグのタネとして使用した一品です。
湯通ししたピーマンを使うことで、ピーマン独特の苦みやにおいが軽減されます。

出典:cookpad

これから旬を迎える夏野菜のピーマン。
含まれているビタミンCが、脂肪の代謝を促したり、メラニン色素の沈着を防いだりという作用もあるとのことなので、お子さんだけでなく、大人の方も一緒にピーマンを食べましょうね!