楽しく安全におやつタイム♪1歳児の適切なおやつとは?

1歳の誕生日を迎えた子供のおやつタイム。
離乳食も完了に近づいている大切な時期でもありますね。
さて、そんな1歳児にはどのようなおやつタイムがいいでしょうか?
是非考えてみて下さい。

1.おやつの必要性とは?
2026
まだ小さい体の子供は1回の食事を十分に取れないのが現状です。ミルクを卒業している子も多くなってくる時期だと思います。
ご飯だけの食事ではまだ十分な量を接種できないため、おやつタイムとして適切な量をあげる必要性があります。
食事はエネルギーになります。おやつタイムも子供にとっては重要な時間です。

2.おやつの時間は?
2026_2
朝、昼、晩の食事リズムがしっかりしてきた時期だと思います。毎日ある程度時間を決めてえげるといいでしょう。
時間がまちまちだと、子供もいつでも貰えると勘違いをしてしまいます。
また、おやつばかり食べてしまい、肝心な食事が取れなくなるというケースもあるので注意が必要です。朝ご飯を食べて、お昼まで時間がある場合は間の時間、お昼を食べてお昼ねの後など、食事に影響が出ない時間帯を選び毎日1〜2回あげるのが目安です。

3.どんなものをあげたらいいですか?
2026_3
だんだん食べれる食材、味が増えてきたと思います。でもまだまだ胃の発達は未熟なので、油っこいもの、味が強いものは避けましょう。
1歳児からたべれるおかしも数々でています。同じお菓子でも塩分は控えめに作られているので大人と同じものは避けましょう。
また、お菓子以外にも果物や、お芋などもいいですね。大きいと食べずらいので、細かくしてあげましょう。アレンジしてゼリーやプリンなども作る事ができます。簡単に作れる蒸しパン、ホットケーキも喜びます。簡単にできるスイーツ、おやつレシピもあるので食事同様いろんな種類のものをローテンションであげると飽きずに食べる事ができます。

4.アレルギー表示にも気をつけて!
2026_4
食物によってはアレルギーが出る子も多いです。大人になるにつれて食べれるようになる子もいますが、小さいとまだまだ心配です。
アレルギー食物が入っていないだろうと思っていてもお菓子やスイーツに入っている事も多いです。
子供用のお菓子やスイーツなどには表示がしてある物も多いのでしっかり表示を見ておきましょう。

このように食事と同じくらいおやつタイムは重要です。
お子さんがおやつタイムを喜んでくれるようにママさんは努力してみて下さいね。
一緒におやつタイムを楽しむのもいいですね。是非参考にしてみて下さいね。

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします