子どもを「冷え」から守る!あの大人気メニュー

急に冬がやってきたかのような寒さです。我が家の元気印な息子も、「動きにくい」といいながら長ズボンを履いて登校しました。これからの季節は、胃腸炎やインフルエンザなど冬に多い病気の流行が気になるところです。
睡眠と栄養を十分に摂りたいものです。

外気が寒いので、家の中では温かい鍋料理とでも行きたいところですが毎日では飽きてしまいますよね。

温かい食べ物もいいのですが、食材別に「身体をあたためるもの/冷やすもの」を知っていると、身体の根本を改善できるかもしれませんので、見ていきましょう。
(*この考えは西洋医学ではなく、漢方、アーユルベーダーに由来するものです)

身体を冷やすもの

  • 精製した米(白米)、小麦
  • なす、トマト。 レタス、きゅうりなどの夏野菜
  • バナナ、マンゴー、パイナップルなどの南国果物
  • かまぼこ、ちくわ、ソーセージ、ハムなどの魚肉加工品
  • 白砂糖、酢

身体を温めるもの

  • かぼちゃ・にんじん・れんこんなどの秋冬野菜
  • やまいも、さつまいもなどの芋類
  • ネギ、しょうがなどの香辛料

このようにして書くと、子どもに香辛料は難しいし、体を温める食材をとるのは難しいと思われれるかもしれません。身体を冷やすものを食べるときは温めてから食べるなど、工夫をすれば改善はできますが、なるべくなら体を温める食べ物をとりたいものです。から揚げ

実はお子さんも大好きな人気メニューが体を温めるのに意外な効果を発揮します。

それは「鶏のから揚げ」です。

本来、揚げ物は体を温めるものとはいえませんが、油に含まれるビタミンEを適度にとることは、血液の流れをよくすることで体を温めます。摂りすぎは注意です。
鶏肉も体を温める食材とはいえませんが、良質なたんぱく質なので、体の代謝を高めてくれます。

ここでの作り方の特長は、3つ!

1.鶏肉によくしょうがの味をつけます。
しょうゆ、酒、すりおろししょうがを加えてよく揉みこんで30分以上置きます。

2.衣少な目の揚げ焼きにします。
衣は片栗粉を薄くつけ、油はフライパンに1㎝程度までにして揚げ焼きにします。

3.ネギやゴマをかけます。
ネギやゴマをふりかけて血行を促進します。

強い体をつくるメニューは、案外身近なメニューをちょっとアレンジすればいいだけなのかも。

寒い冬を元気に乗り切るためにも、身近な食材、いつものメニューを少しアレンジしてみてください。

きょうかい「日本の食卓をもっと元気に もっと笑顔に」
母子栄養協会では、お母さんたちの気持ちに寄り添える
アドバイザーを養成しています。(いずれも1日の座学講座)
★★
離乳食アドバイザー講座  11/26(土)
妊産婦食アドバイザー講座 1/28(土)
幼児食アドバイザー講座 2/4(土)
学童食アドバイザー講座 3/4(土)
★★
詳細・申し込みはこちら

川口由美子 先生原稿提供:川口由美子 先生(管理栄養士)
・一般社団法人 母子栄養協会 代表理事
・女子栄養大学 生涯学習講師
・All About「離乳食」「幼児食」「妊娠中の食事」ガイド
・『フリージング幼児食 1歳半〜5歳 —1週間分作りおき!』などを監修

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします