見直したい、小さいうちから「しっかり噛むこと」のメリット

噛んで食べよう

最近の食事では、子どもにあまり硬いものを食べさせないようになってきてはいないでしょうか?

「食べやすいように」とか「野菜を食べてくれるように」とついついママが親切に下処理をし過ぎてしまうこともありますね。

そこで今回は「しっかり噛むことのメリット」を見直してみました。是非参考になさってくださいね。

噛むことの減少とあごの発達や歯並びの関係

「よく噛んで食べなさい」と、ママやパパも子どもの頃に言われたのではないでしょうか?

よく噛むことで、歯やあごが鍛えられるのですが、幼児期によく噛む習慣をつけていない子どもが増えているそうです。

そのため、下あごの発達が不十分になり、歯並びの悪い子どもが昨今では増加傾向にあります。歯並びが悪いと、顔の歪みの原因にもなります。

そして、あまり噛まずに食べると顔の筋肉を動かさないため、脳への信号伝達がしっかり行われません。すると、脳も活発に働かなくなってしまうのです。しっかり噛むと頭が良くなる、と言われるのには、このような背景があるのです。

よく噛むことのメリット

早速噛むことのメリットを見ていきましょう

満腹中枢に働きかけることができるので、食べ過ぎ防止になります。

もし、お子さんが肥満傾向にあるのなら、しっかり噛むことができているか確認してあげて下さい。

素材の味をしっかり味わえるようになります。

お米は噛むと甘くなっていくことを、お子さんは知っているでしょうか?

食材をゆっくり噛んで、美味しさを親子で確認することができると食事が一層楽しくなります。

脳が活性化します。

よく噛んで口を動かすことで脳の血流が増えて、脳が活発に働くようになります。

虫歯予防になります。

しっかり噛むと唾液が出ます。分泌される唾液は体の機能を高めてくれるだけでなく、カルシウムやリンといった歯をつくる物質も含まれています。殺菌作用、浄化作用のためにも唾液は必要なのです。

胃腸の働きを助ける。

よく噛むことで出てくる唾液には、血液や胃腸の細胞を増やす成分が含まれています。

腸が健康でないと、免疫力が低下して病気になりやすくなります。腸が健康で良いウンチが毎日出ると、

集中力も上がり、活発に活動できるようになると言われています。

噛むことを小さいうちから取り入れるには?

おやつや食事に「いりこ」を取り入れてみたり、唾液の分泌を促す「梅干し」をご飯と一緒に食べてみたりする工夫をしてみては如何でしょうか。

また「たくあん」を親子で一緒に30回噛むことができるかゲームのようにして食べてみるのも楽しいですよ。

小さいうちから左右の奥歯でバランスよく噛む習慣をつけておくと、これからの長い人生を豊かで質の良いものにすることが出来ます。ぜひ家族で噛むことの大切さを見直してみて下さいね。

関連ワード:

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします