家族全員に食べさせたい!免疫力がアップする食材4選。

朝ごはん
小さなお子さんがいるママ達は、毎日の子供たちの世話で大変ですよね。
だからと言って食べるものに手はぬけない。
特に冬場はインフルエンザや胃腸炎など感染症も多くて不安です。
そんな冬場も元気に過ごすために、バランスの良い食べ物を食べて日ごろから免疫力を高められるといいですね。

今回は、小さな子供は勿論!家族みんなが健康になる免疫力アップの食べ物をご紹介致します。
是非参考にしてみてくださいね。

和の食事、味噌汁をかかさずに

味噌汁とご飯
お味噌汁は日本人にとって代表的な朝のメニューですよね。
でも最近はいろいろな国の食事が簡単に取り入れられますし、好みもあり、味噌汁から縁遠い家庭もあるのではないでしょうか。
しかし、味噌にはとっても良い効果があります!
味噌汁を毎日飲んでいる人とそうでない人では癌(特に胃がん)にかかる確率も何倍も違いが出るというデータが出ています。
味噌は体内の酸化防止、消化機能を助ける、殺菌効果、ウィルスに対抗する力がつく、便秘解消など、免疫力を高めて病気になりにくい体を作ることができる食材です。

納豆などねばねばものがお勧め!

納豆
納豆は関西の人は苦手とよく聞きますが、小さいうちから食べれば意外とみんなすんなり食べられるようになります。
けっこう子供は好きですよ。
強い抗酸化力があるので癌になりにくい体や免疫力を高めてくれます。
大豆に含まれるイソフラボンが女性ホルモンに似た働きもありますし、ビタミンKがカルシウムの沈着を助けるので、子供だけでなく大人も嬉しい食べ物です。
ねばねばどうし、ながいもやオクラと一緒に食べると益々おいしく身体に良い1品に仕上がります。
納豆菌が腸内微生物の働きを良くしてくれて腸をガードしてくれます。
食べにくい人はひきわり納豆はいかがでしょうか。

野菜は小松菜を!

小松菜
小松菜はホウレンソウよりもえぐみが少なくて、さっとゆでたり炒めたりして手軽に食べられる食材です。
ビタミンA・C・Eが豊富でカルシウムや鉄分も多いスーパー食材なので免疫力アップには欠かせない冬の食材です。
もしもお子さんが青い野菜が嫌いな場合は、細かくみじん切りにしてカレーに混ぜたり、おにぎりにしてしまうとすんなり食べられます。

大根おろしで免疫力アップ!

大根
毎日良くみる大根は冬の時期にぴったりの免疫力アップ野菜。
皮との間に多く含まれるイソシアシアネイトという辛み成分が抗酸化作用があり、細胞の酸化を防いでくれるため免疫力が高まります。
しかし熱に弱いので出来れば大根は生で食べられると本当はいいんです。
大根サラダや、焼き魚と一緒に是非たっぷり大根おろしを食べましょう。
辛みが苦手!という方は無理せずおでんや味噌汁にいれて食べるといいですね。

このように、免疫力が下がる冬場は、冬に良く取れる野菜や発酵食品で免疫力UPを心がけたいものですね。
家族みんなで元気でいるために心がけてみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします